カラーリング種類と特徴

美容ヘアケア情報
2016年9月23日 金曜日

カラーリングについての情報をお届けします。ここではカラーリングの種類やその特徴について紹介します。

カラーリング種類と特徴

カラーリングの種類の主なものについて紹介します。

永久染毛剤(ヘアカラー)

ヘアカラーとは、メラニン色素を分解して脱色し、色味をつけて染めるものです。約2ヵ月程色合いが持続し、シャンプーをしても色落ちしません。

髪が伸びてくると、色がまだらになってしまうので、部分的に染め直します。自宅で染める場合はパッチテストを毎回行なうようにしましょう。

液状タイプ・ジェルタイプや、クリームタイプのものがあります。

  1. 液状タイプ・ジェルタイプ

    液状タイプ・ジェルタイプの、ヘアカラーは髪に染料が広がりやすく、なじみやすいので、髪全体を染めるのに便利です。コームつきのものだとブラッシング感覚で簡単に染められますので、長い髪の人は使いやすいでしょう。

  2. クリームタイプ

    生え際や根元など、染めたい箇所を部分的に染める事ができます。またショートヘアの場合は全体染めに使える場合もあり、髪全体を明るくし色味をつける事ができます。

    ブリーチとカラーリングを合わせたような効果が期待でき、約1ヵ月程持ちます。

半永久染毛料

毛髪の表面を染めたり着色したりするもので、ヘアカラーに比べると手軽で髪に優しいカラーリング方法です。ただし、染毛力と色の持続性はヘアカラーに比べて劣ります。

ヘアマニキュア、カラートリートメントなどの種類があります。酸性の染料が毛髪のタンパク質と結合する事で染まります。

  1. ヘアマニキュアタイプ

    ヘアマニキュアは、メラニン色素は脱色しないで、染料を浸透させる方法。ほんのり色のニュアンスが変わる感じになります。ただし、ヘアマニキュアだけで髪を明るくすることはできません。約2~3週間持続します。

  2. カラートリートメントタイプ

    数回の使用で黒髪に色味をつけます。約3週間~1ヶ月程持続します。

  3. 一時着色料

    一時的に毛髪の表面に色素を付ける方法です。髪全体に色が付けられるカラースプレー、生え際など細かい部分に使うペンタイプやマスカラタイプ、手軽に使えるヘアフォームタイプなどがありシャンプーで簡単に洗い流せます。 ただし、雨や汗などで色落ちし、肌や衣服などが汚れる事があるので十分注意しましょう。


    投稿者のプロフィール

    最新の投稿

「美容」カテゴリのランキング

特集