ヘアエクステの種類

美容ヘアケア情報
2016年9月23日 金曜日

ヘアエクステについての情報をお届けします。ここではヘアエクステの種類について紹介しています。

ヘアエクステの種類

  1. 三つ編み

    多彩なスタイルに対応できる最も一般的な方法です。地毛とも馴染みやすく強度もあり、糸ゴムなどを使用する事により更に強度が増します。ただし地毛が短いと装着が困難。

  2. 四つ編み

    髪をアップしたい時や、髪の根元に動きが欲しい時に向いています。こちらも地毛と馴染みやすく、三つ編みよりも更に強度があります。

  3. ファイバーミックス

    人毛と、ナイロンやポリエステル製で出来たファイバーの2種類のエクステを、混ぜ合わせ編みこんでいきます。糸ゴムを使わず、ファイバーを専用のアイロンで、編込み部分を溶かして止めていくので、最も取れにくい方法です。

  4. グルー(ケラチン)

    専用の器具を使用して装着します。短い髪でも装着できますが、時間が経つと接合部分が目立ってくるのでヘアスタイルが限られてきます。

  5. チップ

    装着が簡単でサロンに行かなくても1人で装着出来ますが、接続の仕方によってはすぐに取れたり、逆に簡単に取れなくなったりしてしまう事もあります。

  6. ボンド付き人毛

    専用のアイロン等が必要なので、サロンで行います。人毛の先にボンドが付いている物と、溶かしたボンドを人毛に付けて取付ける方法とがあります。

  7. 超音波エクステ

    ケラチン加工されたエクステの先端部分を超音波を使い、ケラチンを溶かしながら地毛と接続していく、新しいエクステの技術です。

    人の毛髪と成分が同じケラチンが使われているので、地毛に付けても傷まず、境目が目立たないので違和感のない自然なスタイルに仕上がります。

    施術も短時間で澄みます。接続部分がとても丈夫なのでだいたい2~3ヶ月は持続するでしょう。専用のリムーバーがあるので取り外しも簡単です。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

「美容」カテゴリのランキング

特集