ヘアサイクル

美容ヘアケア情報
2016年9月23日 金曜日

髪に関する基本知識としてヘアサイクルについてご紹介しています。

ヘアサイクル

髪の寿命

広く知られている通り、肌のターンオーバーは約28日周期。ところが案外知られていないのが毛髪のターンオーバー周期。毛髪や頭皮は肌の一部ですが、実はターンオーバー周期は肌とは大きく異なります。

毛髪のターンオーバーは、「成長期」→「退行期」→「休止期」のサイクルで繰り返されています。

これを経ると髪は自然に抜け落ちます。そして、抜け落ちたところから、また新しい髪が生えてきます。この周期を「ヘアサイクル(毛周期)」といって、平均ヘアサイクル、つまり髪の寿命は女性で約4~6年、男性はそれより若干短く3~5年と考えられています。

健康な状態での毛髪の量は約10万本と言われています。髪は1日に約0.3~0.5ミリ、1ヵ月で約1.2センチ、1年ではだいたい約15センチほど伸びます。髪の寿命は約5年と言われているので、伸びる長さの上限はおよそ75センチ程です。

髪1本1本、ヘアサイクルが異なっている為、通常は一度にまとめて脱毛する事はありません。正常なサイクルで発生する抜け毛は、1日に70~120本程度。平均的毛量でこの本数の脱毛はごく自然な生理現象です。

ただし毛母細胞の働きが低下すると、成長期が2ヵ月~3年と短くなり、太毛の割合が減少して髪が薄くなります。これが薄毛・脱毛です。

健康なヘアサイクル

成長期(約4~5年)

毛髪が生え、伸びている段階。頭髪全体の約90%を占めています。

  1. 成長期1
    髪が生まれる最初の段階。古い髪が毛根から抜け落ちるのと同時に、毛母細胞が分裂を開始、新しい髪を作り始めます。
  2. 成長期2
    新しい髪が内側で成長、古い髪を外側へ押し出そうとする段階です。シャンプーやブラッシングで簡単に抜ける様になるのはこの時期。
  3. 成長期3
    古い髪が抜け落ち、新しい髪が成長していく段階。髪は成長期まで毛母細胞が活発に働いて、4~6年に渡り成長を続けます。

退行期(約2~3週間)

成長が止まる段階。頭髪全体の約1%を占めています。 毛母細胞の力が弱まり、毛髪が成長を止め始める段階。やがて毛母細胞から離れ完全に成長を止めるまで約2~3週間を経ます。

休止期(約2~3ヵ月)

完全に成長が止まる段階。頭髪全体の約10~15%を占めています。 成長を止めた髪は、徐々に外側に上がり抜け落ちる準備をする。この状態が約2~3ヵ月続き、毛根の奥では新しい髪をつくる準備が始まり、また成長期へと続きます。

 


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集