トリートメントについて

美容ヘアケア情報
2016年9月23日 金曜日

ヘアケア・トリートメントに関する情報をお届けします。トリートメントの目的、トリートメントの種類、トリートメントの選び方、トリートメントの注意点など、トリートメントに関する情報を紹介します。

トリートメントについて

トリートメントの目的

トリートメントの第一の目的は、水分と油分を補う事です。油分で髪のコーティングを十分にして、ドライヤーの熱などからの乾燥を防ぐ事で、枝毛・切れ毛の防止になります。キューティクルの熱や湿気で毛髪が開く特性を利用して、トリートメントの成分を髪の内側に補給していきます。トリートメント剤をつけたあと時間を置くのはこの為です。

トリートメントの種類

  1. オイル分を豊富に含み、リンスの役割ももっているもの。時間を置かずにすぐ流せるタイプ。
  2. 髪自体をコーテイングし、髪のツヤや滑らかな手触りに仕上がるもの(マニュキア効果等と表示があるもの)。
  3. アミノ酸やタンパク質などの栄養分を髪に補給するダメージケア向きで、サロン仕様のもの。

トリートメントの目的

トリートメントは、仕上がりのイメージだけでなく頭皮・毛髪の状態で選びましょう。頭皮の脂分が多ければ、さらさら効果が高いものを、脂分が少なく毛髪がパサつくようであれば、しっとり効果が出るものを選ぶとよいでしょう。

その他、パーマ用、カラーリング用など髪のスタイルに合わせたもの、ふけ・かゆみ、枝毛・切れ毛用などのトラブルヘア改善など、スタイルや目的などの期待する効果で選びます。

商品はセットで使うことを目的として開発されているので、基本的にはシャンプーと同じシリーズの製品を選んだ方がよいでしょう。

現在多くのトリートメントが市販されていて、種類も使用方法も様々です。すぐ洗い流すものから、時間を置き浸透されるもの、ドライヤーの熱を利用し浸透させるもの、そのまま洗い流さないものなど多彩です。自分の髪質や状態、効果などを考慮して自分に適したものを選びましょう。

トリートメントの注意点

トリートメントは、ダメージヘア、特にカラーリングをしている場合は毎日行なった方がより効果が増します。

パーマやカラーリングなどを行なう前は、コーティングタイプやオイルタイプのトリートメントは避けましょう。コーティングやオイルは毛髪の外側に膜をはるため、パーマ液やカラー剤が内部に浸透しにくく障害になる場合が多いからです。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

「美容」カテゴリのランキング

特集