穴場の柳橋食堂に行ってみた:博多の台所の柳橋市場にある絶品海鮮丼

グルメグルメブログ  
2018年2月9日 金曜日

博多の台所、柳橋連合市場に美味しい穴場の食堂があると聞きつけ、一口食べてみようとリサーチしてきました。

柳橋連合市場の魅力

柳橋連合市場の歴史

全長100mほどのアーケード付き通路を挟んで、鮮魚店をはじめとした海産物、青果、精肉店などが約50軒の小売店が並んでいます。
柳橋連合市場は、1918年に始まった福岡県福岡市中央区春吉にある市場。住吉通りに面しており那珂川に架かる柳橋のたもとに位置しています。
昔は各店舗を取りまとめて柳橋連合と呼ばれており、1992年に「柳橋連合市場」に改定されました。
こちら、卸売市場ではなくて小売店の集合体なので対面で購入ができます。
北九州市小倉北区の旦過市場と並ぶ地元に愛される市場です。
※旦過市場についてはこちらの記事も参照ください。(北九州市民の台所 旦過市場で“うまい”を満喫

市場の雰囲気


入り口付近の様子。「安いよ!きてみんしゃい!」勢いの良い博多弁が聞こえてきます。

 


スーパーでは見ない数の生きの良い魚が無造作に並んでいます。

 


撮影しているとピースマークで明るい青果店の店主の方の姿も。
親近感があって買い物もしやすいですね!

 

実際歩いてみると、お買い得なお値段で豪快な陳列の魚など、店舗がずらりと並んでおり見ているだけで楽しくなってきます。
威勢の良いお店の方の博多弁は心地よく、市場全体的に賑やかな雰囲気です。
博多は玄界灘が近く魚料理のお店が当然多く、こちらの市場のお客は、約7割が屋台から料亭・ホテルなどの料理人だそうです。
もちろん一般の方も気軽に買い物を楽しめる市場です。

 

「柳橋食堂」はどんなお店?

早速、本題に入りますが、柳橋食堂は「吉田鮮魚店」が営んでいる食堂で、鮮魚店として創業50余年になるお店で、市内の料亭やホテルなどに魚を卸ろしているとのこと。

 


場所は、市場の入り口から数十メートル歩るくと赤い提灯が右手に見えてくるので、それが目印です。


外観


入り口のショーケースには、魚、刺身、煮物などが並んでおり、テイクアウトも可能。

食堂は二階にあると聞いていたので、入り口は魚をさばいている風景の場所を通り抜けるので「ここでいいのかな?」と思いながらそのまま上がろうとすると、「注文は下でしてね、壁にメニューがあるから」と優しい男性の声が。壁を見渡すと一面にメニューの紙が無造作に貼られています。

70代を軽く超えているように見えるご高齢の男性から、「初めてなら海鮮丼が名物やけん、食べてみんね!」と勧められ、670円(税込)の海鮮丼を注文しました。
まるで、少年のような生き生きした眼差しの男性は、店舗を営むご主人のようです。

二階に上がると食事ができるスペースがあります。
奥にも部屋があり不思議な間取りですが、古き良き昭和感漂う飾らない店の雰囲気は、味へのこだわりを感じさせます。

 

早速、名物の「海鮮丼」が到着

名物 海鮮丼

海鮮丼が届きました。安いので魚が少ないのか少し心配でしたが、数種類がお魚たっぷりの海鮮丼が到着。お味噌汁やお漬物が付いているので有り難いです。
実際の味ですが、さすがおろしたての魚だけあって新鮮そのもの。口の中でとろけるような輝きを感じ、ぺろっとすぐに完食。甘めの醤油とゴマの風味のする醤油ダレが適度に絡まって熱々のご飯に乗って抜群に美味しいです。

 

いろんな楽しみ方

海鮮丼にもう1品という場合に、「あらだき、焼き魚、唐揚げ、天ぷら」のセットメニューもあります。
それぞれにお味噌汁 とお漬物が付きます。

セットメニュー

【Aセット】ミニ海鮮丼 + あらだき :750円
【Bセット】海鮮丼 + フライor唐あげ :900円
【Cセット】海鮮丼 + 焼き魚 :900円

グレードアップメニュー

【極上海鮮丼】いくら入り:1,120円
【極上海鮮丼】 うに入り:1,220円
【デラックス】いくら・うに入り:1,540円

※全て税込価格です。

 

著者感想

著者は、魚の新鮮さに敏感で、福岡のお店でいただいた海鮮丼でも箸が進まず残してしまった過去あったほどですが、こちらの柳橋食堂は当然ながら新鮮で箸が止まらず、もっと味わってゆっくり食べたかった位です。
安くてクオリティが高すぎるので大満足です。
福岡市は国内や国外は特に近郊のアジアからの観光客が多いですが、柳橋連合市場にも足を運ぶ人が増えてきていることに納得です。
博多駅や天神からも西鉄バスで10分の距離にあるのでアクセスも良いので是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

店情報

【柳橋食堂】
住所:福岡県福岡市中央区春吉1-10
TEL:092-761-1811
営業時間:11:00~16:00
定休日:日曜日・祝日

 


投稿者のプロフィール

最新の投稿

「グルメ」カテゴリのランキング

特集