『洋食 八坪亭』ありそうでなかなか無いあったらうれしい洋食屋さん

グルメグルメブログ  
2018年3月16日 金曜日

昔デパートに行くと楽しみで仕方無かった洒落た洋食屋さん。

時代の流れとともにその様な洋食屋さんに出会う事もめっきり減ってきましたね。

小さなお子さんから年配の方まで間違いなく美味しく頂けるそんなお店が今回紹介する『洋食 八坪亭』です。

あれもこれも食べたい!これこそが洋食屋の醍醐味

サーモンフライなんて家で食べる事はまずありません。

素直に食べてみたい!でもその下にはサーモンムニエルって書いてある。

ムニエルっていかにも洋食屋さんぽい・・・・。

サーモンソテーとは違うのかな?・・・。

あれ、カレーもある!

洋食屋さんのカレーってやっぱりデミグラスソースかなにか入っていてまろやかなのか?

入口では大好きな海老フライを注文しようと決めて入ったのにどうしたものか・・・。

そんな私は、結局“豚ロースカツ&ハンバーグ”を注文しました・・・・・。

いいんですこれで。

この迷いが心地良いのです。

これでこそ洋食屋さんなのです。

昔私が貧乏だっただけかも知れませんが、子供の頃食べたくても注文する事の出来なかった様々なメニューを今ならなんでも食べられる・・・・・。

ちょっと松っちゃん作詞浜ちゃん歌唱の“チキンライス”に出てくるようなフレーズを書いてしまいましたがまさにその通りです。

あれも食べたい!これも食べたい!これこそが町の洋食屋さんです!

 

やっぱり俺は洋食が好き!

さぁ、頂きましょう。

コンソメスープの量が少ないですが、待ち切れずに飲んでしまいました。

提供される際には、ちゃんと十分な量が注がれていますので安心して下さい。

先ずは大好きな豚ロースカツを一口。

濃厚でありながらクドくないデミグラスソースと脂までおいしい豚の相性は抜群で御飯が進みます。

また、見ての通りのボリュームでごはんが余ることを気にせずにバクバクといただくことが出来ます。

ハンバーグはそこまで好きではないのですが、昔ながらの洋食屋さんのハンバーグといった感じのひき肉がしっかりとした食感で非常に後引く美味しさでした。

そしてサラダにかかっているドレッシングも間違いなく自家製でしょう。

人参とりんごの自然な甘みと酸味を感じるさわやかなドレッシングはお口直しには最適で、

もうちょっとサラダが多ければ文句なしと言ったところです。

 

他人の料理は美味しそうに見える?

さて、ランチを共にした連れは豚ロースソテーを注文。

見るからに美味しそうですね。

コンビネーションメニューが多数あるなかで、単品をオーダーする連れはかなりブレないお方です。

『一口頂戴!』とお願いしたのですが、「無理」とキッパリお断りされました。

きっとかなり美味しかったに違いありません・・・。

一口もあげたくないと思ったのですから・・・・・。

いいです。

次回オーダーするメニューが決まりましたから。

私は必ず“豚ロースソテー”を頼むのでしょう・・・・。

 

食べる人を幸せにする洋食屋さん

 高いお金を出しておいしいモノを頂けることは当たり前です。

如何に安くて満足を得られるかという所がポイントになると思います。

私達が店内にいる間に5~6人のお客さんが入ってこられましたが、みなさん常連さんのようでした。

『大盛りね』と注文される方もいらっしゃいました。

日替わりランチがあるますので当たり前だと言われればそれまでですが、少なくとも私なら「日替わりランチ大盛り」とオーダーします。

店主も聞き返す必要のないほどの常連さんということでしょう。

今日とても印象的だったのは、料理のおいしさではありません。

カウンター席でひとつお隣に掛けられた女性が運ばれてきた料理を一口頬張った時に軽く頷きながら微笑む瞬間を見てしまいました。

テレビドラマであるようなあれです。

その方はきっと一口食べた瞬間にとても幸せな気分になったのだろうなと感じました。

私の勝手な憶測ですが、人をそんなに幸せにする料理を出せるって凄いなと少し感動しました。

店主一人で切り盛りしていて、混雑時には提供に多少の時間がかかるようですが、是非その幸せを感じに『洋食 八坪亭』を訪れてみてはいかがですか。

 

 

店舗情報

店名/洋食 八坪亭

住所/福岡県福岡市中央区清川1-12-7

TEL/092-531-0720

営業時間/11:30~14:30 17:00~22:00

定休日/金曜日

席数/20席テーブル3席・カウンター8席

個室/無

全面喫煙可

交通手段/西鉄バス柳橋より徒歩2分 アパホテル角を曲がり約100m


特集