焼きラーメンの特徴

グルメ福岡ラーメン情報
2016年8月19日 金曜日
ラーメン

博多ラーメンと一口に言っても、スープの濃さや調理の方法により呼称が異なったりします。ここでは「焼きラーメン」について解説してます。

焼きラーメン

福岡の天神で営業するラーメン屋台「小金ちゃん」(昭和43年創業)が発祥と言われています。

焼きラーメンとは文字通り、ラーメンを焼いたもので、焼きソバに近い感覚ですが、焼きそばが先に麺を炒めた後に味付けをするのに対し、焼きラーメンは、ゆでた麺と焼き豚などの具材を鉄板で炒めてから、味付けとして煮詰めたとんこつスープ、ウスターソースをかけます。

より焼きそば感を出したい場合は、キャベツなどの具を増やしたり、マヨネーズをかけて調理するパターンもあります。

福岡の屋台が元祖という事もあり、当初は福岡でしか食べられていませんでしたが、各大手食品メーカーにより、焼きラーメンのインスタントラーメンの商品化がはじまり、徐々に全国区に広まりました。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

「グルメ」カテゴリのランキング

特集