人材派遣の仕組み

仕事・資格人材派遣情報
2016年5月22日 日曜日

人材派遣のしくみでは、アルバイトでもなく、正社員でもない「派遣社員」という立場について、どのような雇用形態になっており、どのようなメリット・デメリットがあるのかを解説していきます。

人材派遣の雇用形態

人材派遣による「派遣社員」とはいったいどのような雇用形態になっているのかを解説します。

まず、正社員・アルバイトの場合、自分が働く企業と「直接雇用契約」を交わして、仕事に応じて企業から直接給料をもらいます。

対して、派遣社員の場合、

  • (1):派遣社員(本人)
  • (2):企業
  • (3):派遣会社

の3者が出てきます。

派遣社員は派遣会社と雇用契約を結び、給料や社会保障などは、派遣会社から支給・加入します。しかし、派遣社員自身は、派遣先の企業に行き、その企業から指揮命令を受けて仕事をすることになります。

人材派遣のメリット

人材派遣という働き方を選んだ場合、次のメリットがあります。

  • 希望の仕事を選ぶ事ができる。
  • 人材派遣を利用した場合、様々な仕事の中から自分の経験や能力を活かした得意分野で仕事を選択する事ができます。また、意欲・能力によっては全くの別分野での仕事を探す事ができ、様々な経験をすることができます。

  • ライフスタイルに応じて仕事ができる。
  • 勤務時間や契約期間、勤務地などの様々な希望に合った仕事を探す事ができます。正社員のように急な転勤などがないため、自分のライフスタイルを崩さずに仕事ができます。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

「仕事・資格」カテゴリのランキング

特集