人材派遣でのトラブル

仕事・資格人材派遣情報
2016年5月22日 日曜日

トラブルはないにこしたことはありませんが、もし人材派遣をしている中でトラブルが起きたときはどう対処するべきなのかをガイド

契約内容と異なる仕事を与えられた!

契約内容以外の業務を派遣社員にさせる事は、正確には契約違反です。しかし、仕事ということで考えた場合、ちょっと手を貸すような仕事を依頼されるケースは多数あります。

会社という組織では、実に様々な業務があるわけで、それを「私は派遣社員で契約内容と違う事は一切できません。」ということは避けたほうが良いでしょう。

もちろん、本来の業務に大きな支障をきたすような場合は、派遣先の責任者や派遣会社に相談しましょう。

突然の契約解除が言い渡された

派遣先企業は正当な理由なく契約を解除することはできません。もしも、契約を解除をする場合は、その30日前までに予告するか、または損害金として平均賃金の約6割を支払うことが必要となります。

残業を命じられた

残業については、派遣会社と派遣受入会社で残業に関する取り決めがあり、またほとんどの場合、契約書にも「必要に応じて残業等の時間外労働を依頼する場合がある」と記述されています。

つまり、正当な理由がある残業の命令に関しては従う必要があります。ただし、あらかじめ残業が少ないことなどを理由に派遣されたような場合には派遣会社に相談しましょう。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集