<2016年>のこのしまアイランドパークのコスモス園はライトアップも見どころ

能古島(のこのしま)は福岡市の姪浜渡船場からフェリーで10分の能古渡船場、博多湾に浮かぶ島です。季節の花や海を楽しむことができる絶好のスポットとなっています。中でものこのしまアイランドパークは福岡の花の名所となっています。

10月の花といえばやはりコスモス!のこのしまアイランドパークではコスモスと遅咲きのコスモスの二種類を育てており、10月上旬から11月上旬まで玄界灘の海をバックにコスモス花見を楽しむことができます。

のこのしまアイランドパークのコスモス園情報

のこのしまアイランドパークのコスモスの見どころはやはり「海(玄界灘)とコスモスのコントラスト」でしょう。本数的には30万本と、海の中道海浜公園やキリンビアファームの数百万本と比べると規模は小さいですが、美しいです。

 

ライトアップイベント

のこのしまアイランドパークのコスモスはライトアップイベントが毎年行われています。2016年の開催日は、10月の土日祝日で17時30分~20時00分となっています。
イベント当日はアイランドパーク内のレストランやカフェも20時まで営業しています。

 

入園料・営業時間

大人(高校生以上) 1,000円
こども(小・中学生) 500円
幼児(3歳以上) 300円

平日:9:00~17:30
土日祝日:9:00~20:00※

※ライトアップ期間中のみ。通常は18:30まで。冬季は17:30まで。

 

交通アクセス

基本的には海に囲まれている能古島なので移動は船(フェリー)になります。

姪浜渡船場→能古渡船場→バス(アイランドパーク行)

船の片道運賃:230円(大人) / 120円(子供)
西鉄バス運賃:230円(大人) / 120円(子供)

フェリーの営業時間については「博多港 能古・姪浜航路時刻表」でご確認ください。

姪浜渡船場は「能古渡船場バス停」を目指すとよいです。博多駅Aバス停から40分。天神高速バスターミナルからは30分くらいです。自動車で来る方は1日500円の有料駐車場も姪浜渡船場そばにあります。

#この記事に付けられたタグ


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集