筑後地域にあるお花見スポット

筑後地域にあるお花見スポットの情報を紹介します。

筑後地域にあるお花見スポット

秋月杉の馬場通り

朝倉市内にあり「九州の小京都」と呼ばれて名高い秋月は、かつての名残を残す城下町。秋月城跡に続く約500mある「杉の馬場通り」の両脇には、約200本の桜の木があり、満開時には美しい桜のトンネルが見られます。

  • 所在地:朝倉市秋月野鳥
  • 桜の本数:約200本
  • 見頃:3月下旬~4月上旬

甘木公園

通称「丸山公園」とも呼ばれる甘木公園は、県下有数のお花見スポット。公園の中心にあるさくら池やもみじ池の周りを囲む、約4,000本の桜が美しく咲きほこります。池に反射した桜も一層美しさに花を添えます。ベストポイントは遊園地広場付近や高台。シーズン中はライトアップされ、遅くまでたくさんの人出を見せます。春頃には桜の他に、つつじやふじなども楽しめます。

  • 所在地:朝倉市菩提寺79
  • 桜の本数:約4,000本
  • 見頃:3月下旬~4月上旬

浅井の一本桜

耳納連山の麓にそびえ立つ、推定樹齢約100年と言われるヤマザクラ、「浅井の一本桜」。幹がとても太く、幹周りは4.3m、樹高は18m。昭和61年に、市の保存樹木に指定。市民の大切な財産として保護されています。ため池そばにあるため、水面にその姿を映し、その美しさを2倍楽しむ事ができます。開花のシーズンに合わせて、19時から2時間ライトアップも施され、夜桜も楽しめます。

  • 久留米市山本町耳納字浅屋敷1511-1
  • 見頃:4月上旬~4月中旬

延命公園

大牟田市中心の丘陵地にある、総面積18.1haの総合公園。動物園や体育館も併設され、終日楽しめる人気のお花見スポット。約1,500本ものソメイヨシノが鑑賞できます。高台から見渡す湖東平野や鈴鹿山脈も絶景。

  • 所在地:大牟田市昭和町2-2-3
  • 桜の本数:約1,500本
  • 見頃:3月下旬~4月上旬

発心公園

発心公園は、かつては歴代久留米藩主が花見をしていた場所として知られ、また夏目漱石もこの地を絶賛し、訪れた際詠んだ句の碑が公園内に建てられるなど、歴史と文学が根づいた由緒ある桜の名所です。例年、700本のソメイヨシノやヤマザクラ、ヤエザクラなどが咲き誇り、花見客で賑わいを見せます。270度の視界を望む、公園内展望台はおススメスポット。

  • 所在地:久留米市草野町草野664-1
  • 桜の本数:約170本
  • 見頃:3月下旬~4月上旬

日向神ダム

日向神ダムの周辺に植えられた、あでやかなソメイヨシノの千本桜が美しいお花見名所。ダムの湖畔一帯が花の色に染まる、矢部川源流公園がベストスポット。 湖畔に映る桜も美しく、お花見を2倍楽しめます。 ドライブコースやツーリングのお花見コースとしてもぴったり。 例年多くのお花見客で賑わいを見せます。

  • 所在地:八女郡矢部村日向神
  • 桜の本数:約1,000本
  • 見頃:3月下旬~4月上旬

久留米城跡

明治維新まで11代、およそ250年間にわたり筑後地区を治めた、久留米藩21万石藩主有馬氏の居城跡。お城の一部として現在残っているのは石垣のみですが、県の指定文化財となっています。その壮麗で力強い石垣とお濠の風情ある佇まいに、桜が色を添えます。敷地内には、およそ30本のソメイヨシノやヤマザクラを楽しめます。また有馬記念館も併設されており、散策をしながらの久留米城跡巡りがおススメです。

  • 所在地:久留米市篠山町444
  • 桜の本数:約30本
  • 見頃:3月下旬~4月上旬

#この記事に付けられたタグ


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集