桜がきれいに写る写真の撮り方

桜がきれいに写る写真の撮り方について解説します。

日中に撮る写真の注意点

露出補正

カメラは、明るく反射するものには暗めに写るように、また反射が鈍い暗い色のものには明るく写るように、自動的にカメラが判断し露出を出しています。

桜の花を美しく撮影するには、この機能を応用するとよいでしょう。

桜の花は白っぽい色なので、プラスの露出をかけるとより花の色が際立ちます。

色を濃くしたい場合はマイナスに調整します。 日光の当たり方にも気をつけます。

なるべく、太陽光があたる部分を撮り始めると失敗が少ないでしょう。 露出補正は、段階を分けて撮っておくとよいでしょう。

また、フラッシュは室内や暗がりでの撮影に用いるだけでなく、日中の撮影で光を補足するために用いることも有効です。効果的に使用してみましょう。

被写体の位置

ほんの少しフレームに対する被写体の向きなどを考えるだけで、まったく違う写真になります。

遠景などで写したいものが広い範囲にある場合に、その全景を収めようとすると、写真自体が間延びしてしまうケースがままあります。

ほんの少し撮影位置を変えることで写真の見栄えが変わります。

被写体の位置などを考え、最適な構図となる場所で撮影しましょう。

夜間に撮る写真の注意点

夜間撮影の基本

桜自体が光っているわけではないので、ライトアップの照明や街灯に照らし出された光をどのように拾うかが重要です。しかしこのライトアップの照明や街灯が実はくせ者。レンズを通した照明は、人間の目で見た色と違う場合があり、思っている色が出ないことがあります。

またライトアップの光は昼間の光と違い、一定方向からの強い光となります。そのため、普通に撮影しているような撮影方法ではなかなか思い通りの写真になりません。

フラッシュの使い方

イルミネーションの撮影などの場合、それ自体が光を放っているため、フラッシュを使うことによりその光を相殺しまうのでフラッシュの使用は向きませんが、夜桜はそれ自らが光っているわけではなく、ライトアップも照らされている部分が限られていることなどから、必ずしもフラッシュを使ってはいけないというわけではありません。

てぶれ注意

フラッシュを使わない夜間の撮影では、弱い光を多く取り込むためにシャッタースピードを遅くし、通常よりも長い時間シャッターをあけることになります。その撮影中にカメラや被写体が動けば、写真がブレた状態になってしまいます。

最近では手ブレ防止モードを搭載したデジタルカメラも増えてきましたが、そのようなデジタルカメラを用いたとしても、夜間の撮影のためにシャッターをあけている時間、ブレを防ぐことはできないでしょう。

外での撮影は風や空気の流れなど、自然現象に注意してシャッターを押すタイミングをはかりましょう。

ブレないようにするためには、シャッターがあいている間、カメラが動かないようにすることが重要です。

三脚を使用することがもっとも効果的な方法ではありますが、その場合、周囲にある動かないテーブルや地面といった、平らで安定したところにカメラを置いてしまい、セルフタイマーを使って、シャッターがおりる瞬間から撮影が終わるまでの間、カメラに触れないようにすると、まったくブレのない写真を撮影することができます。

また、桜の撮影では末端の枝になればなるほど風による影響が大きく、まったく無風でない限り、ブレた写真になりがちです。その雰囲気が逆にいい感じになる場合もありますが、基本的にはブレのない写真のほうがキレイに見えます。

撮影後は必ずプレビューし、どのように撮れているかどうか確認しましょう。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集