福岡のホタルイベント情報

日本の初夏の風物詩と言えばホタル。ここではホタルイベントが行われるスポットをご紹介しています。

ホタルのイベント情報

5月のホタルイベント

「温泉ホタル鑑賞バスツアー」田川郡赤村源じいの森温泉

英彦山のふもと、田川郡赤村に点在するホタル鑑賞スポット。「赤村ほたるの会」の保存取り組みにより、約5,000匹ものホタルの乱舞が楽しめます。また5月下旬から6月上旬にかけ、「源じいの森」を拠点に、ホタルスポットを約1時間かけて周遊する、ホタル鑑賞バスツアーも行われています。

「ホタルと銘茶まつり」八女市上陽町

星野川、横山川、下横山川清流沿いでゲンジボタルが鑑賞できます。また、5月下旬~6月中旬の2週間「ホタルと銘茶まつり」を開催。イベント会場となる「ほたると石橋の館」で、新茶試飲会やバザーなど様々なイベントが行われます。期間中「ホタルの案内所」がオープン。ホタルの生態などを学ぶ事もできます。

「辺春ホタルまつり」八女市立花町上辺春

辺春川と松尾川の合流地点となる長瀬公園付近がベストスポット。長瀬公園を中心として、徒歩10分圏内で点在する様々なホタルスポットが楽しめます。ゲンジボタルの鑑賞は早めにお出かけがおすすめ。
5月下旬~6月上旬にかけて「辺春ホタルまつり」が開催され、様々なステージイベントや地元農産物や郷土料理の露店などが並びます。

「鞘ヶ谷ホタルまつり」北九州市戸畑区天籟寺川

天籟寺川の上流は「鞘ヶ谷ほたるの里」として整備されホタルの保護が取り組まれているため、このエリア一帯ではゲンジボタルの飛翔を楽しむ事ができます。5月下旬に「ホタルまつり」を開催。様々なイベントが行われます。

6月のホタルイベント

「香月・黒川ほたる祭り」北九州市八幡西区黒川周辺

八幡西区市街地を流れる黒川沿い、金水橋から上香月橋にかけて、約5千匹もの天然のゲンジボタルが飛び交い、市内一番の名所となっています。 また「香月・黒川ほたる祭り」も開催予定。

「ほたるの里 ほたるまつり」福津市本木川自然公園

ウォーキングや森林浴を満喫できる、緑あふれた「本木川自然公園ほたるの里」。 園内を流れる本木川上流がホタルスポットです。また 6月上旬にはイベント「ほたるの里 ほたるまつり」が開催予定!

「田代ホタル祭り」八女市黒木町田代川沿い

県道127号沿いを流れる田代川では、例年数千匹のゲンジボタルが飛びかい幻想的な光景を楽しめます。また、地元田代地区ではシーズンに合わせ、地元で取れた特産物や郷土料理、露店などが並ぶ物産展「田代ホタル祭り」を開催。

「小熊野川ほたる祭り」北九州市小倉北区小熊野川

地元住民の方々により、ホタルの保護活動が30年以上も続けられている地域。住宅地でありながら、100匹以上の自然発生したゲンジボタルを見ることができます。6月上旬「小熊野川ほたる祭り」が開催されます。

「ほたる祭り」朝倉郡東峰村棚田親水公園・つづみの里

地元の保存会「ホタルを育てる会」により、棚田親水(たなだしんすい)公園内でホタルの保護活動が取り組まれていて、宝珠山(ほうじゅさん)川沿いでは多くのゲンジボタルが飛び交います。
この地域でのホタルの数は数万匹と言われ、園内にある遊歩道は絶好の鑑賞スポット。

「小塩ほたる祭り」うきは市浮羽町小塩川

地元住民の協力により、ホタルの育成と保護が行われており、ピーク時には約2万匹のホタルが見られます。種類は主にゲンジボタル。シーズン中は灯篭が配置され、幻想的な雰囲気に包まれます。また、6月上旬には「小塩ほたる祭り」を開催。露店などが並び、たくさんの人出で賑わいを見せます。

「宮若ほたる祭り」宮若市脇田地区

犬鳴川の渓流・脇田温泉郷周辺をはじめ、日吉地区や山口地区などが鑑賞スポット。ホタルの種類は主にゲンジボタル。また毎年、宮若市で行われている「宮若全国俳句大会」の入選作を記した句碑が川沿いに立てられ、雰囲気を一層盛り上げます。さらに、6月上旬には多彩なイベントが満載の「宮若市ほたる祭り」が開催。様々な露店も登場しイベントを一層盛り上げてくれます!

#この記事に付けられたタグ


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集