福岡のイチゴ狩りができる農園

福岡でいちご狩りを楽しめる農園をご紹介しています。

筑紫地区のいちご狩り農園

ストロベリーフィールズ 筑紫野いちご農園

西日本最大級の面積を誇る「筑紫野いちご・いちじく農園」。いちごの品種は、おなじみの「あまおう」「さがほのか」「章姫」「べにほっぺ」「あすかルビー」の他、「かおり野」「やよいひめ」などの新品種も導入。様々な味や香り、食感の違いの食べ比べが楽しめます。また、高設栽培で高さも複数整備されているので、車椅子やベビーカーでも安心。ハウス内には広い休憩スペースも完備。

朝倉地区のいちご狩り農園

らいおん果実園

「らいおん果実園」のオリジナル品種「らいおんイチゴ」をはじめ、奈良の「あすかルビー」、静岡の「章姫」など、九州では珍しい品種が揃うのが特徴です。自慢のオリジナルいちご「らいおんいちご」は、糖度が高く香り豊かな品種。遠方県外からこのイチゴを求めて訪れる人も増えています。

筑後地区のいちご狩り農園

プーさんのいちご園

環境に優しい農業に取り組むエコファーマー認定農園。土作りの段階から減農薬や低化学肥料にこだわっています。いちご園は、多段式高設栽培で通路が広いので車イスの方も利用できます。底にはシートが張られているので、靴も汚れず快適。

ホワイトベリー

大粒で色鮮やか、果汁がたっぷりでコクがあり、食べ応え満点!福岡生まれのいちご「あまおう」。そんな土耕栽培で大切に育てられた、あまおうのいちご狩りが楽しめるスポット。お一人様+100円で温泉とプールの入浴券が付いてきます。

広川くだもの村

「里の駅・広川くだもの村」では、高設栽培で「さがほのか」「さちのか」「あまおう」「紅ほっぺ」などのいちご狩りが楽しめます。併設のレストランでは、いちごのデザートがついたランチや、数種類のスイーツが楽しめるのもうれしい。また地元の農家の皆さんが、丹精込めて育てた新鮮な野菜やくだものなども販売しています。

梶原フルーツ

水と緑に囲まれ、恵まれたロケーションの「梶原フルーツ」。年間を通し、四季折々のぶどう、なし、かきなどの様々なフルーツを栽培しています。低農薬、有機質肥料、漢方薬により育てられたいちごは「子供たちが安心して食べられるように」との譲れない農家の方のポリシーで、美味しく安全に食べることができます。高設栽培で、幅広い年齢層で楽しめるいちご狩りです。

明果園の苺畑

安心で快適な高設栽培のハウス設計。しゃがまずにいちご狩りが楽しめるので疲れにくく、ベビーカーや車椅子でも楽に通れます。また、ハウス内は土足OKなので、お気に入りの靴でそのまま入園できます。摘んだいちごを使って作る、スイーツ作りも体験できる「スイーツ狩り」も開催。

うきは果樹の村やまんどん

園内に湧水がある「うきは果樹の村やまんどん」。2棟あるハウスはは通路も広く、車椅子の方も入園できます。施設内の果樹喫茶「夢語寄家」では、朝摘みの新鮮ないちごを使ったスイーツなどが味わえるのもうれしい。

北九州地区のいちご狩り農園

豊前フルーツランド

「豊前フルーツランド」は、高設栽培と土耕栽培の2種類のハウスを10棟所有。「さちのか」「とよのか」「あまおう」など3種類のいちごが、有機肥料で栽培されており、小さなお子様からお年寄りまで幅広く大人気です。いちご狩りと焼肉がセットになった食べ放題プランあり。晴れた日には周防灘が一望できるロケーションです。

玄海いちご狩り山口農園

安全安心な減農薬、井戸水使用の栽培方法で育てられた「さちのか」。香り豊かで果肉がしっかりつまった、ミネラルたっぷりのいちごが楽しめます。ハウスは土耕栽培と高設栽培の2種類を採用。高設栽培は 2段式なので、車椅子やベビーカーでも安心して入園できます。自家製のいちごジャムやいちごの鉢、地元で穫れたお米やハチミツなどの直売コーナーあり。

#この記事に付けられたタグ


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集