アジア美術館でロンドンオリンピックのモニュメントを担当したアニッシュカプーアの個展開催

レジャー・観光イベント・お祭り
2017年3月30日 木曜日

現在アジア美術館で、インド出身のイギリスで活動するアニッシュカプーアの個展が開催されています。
カプーアは、イギリスの著名な賞をもらうなど、国際的にも高い評価を得ている現代彫刻家です。
彼の作品の魅力は、非常にシンプルな形状の中に、宇宙の広がりを感じられるところです。
展示空間そのものを、異空間に変えてしまうのが彼のアートの特徴です。そんなカプーアの個展が、アジア美術館で5月9日(火)まで開催されています。

アニッシュカプーアについて

1954年のインド・ムンバイで生まれ、17歳で渡英。そこから制作活動を始め、現在もロンドンを拠点に活動しています。
1991年に「※ターナー賞」を受賞し、2012年のロンドンオリンピック記念モニュメントを担当しました。
2015年には、フランスベルサイユ宮殿で個展を開催。
※ターナー賞とは50歳以下のイギリス人もしくはイギリス在住の美術家に対して毎年贈られる賞。イギリスの有名画家ターナーの名にちなんで付けられました。

カプーアの有名な作品

彼の有名な作品は、「虚ろなる母」でしょう。
卵型を連想させる単純な形状と、深い藍色一色の顔料の吹き付けによる作品です。
抽象的でインパクトのあるオブジェが、見る者を深淵の世界へと誘います。

※現在リニューアル中の福岡市美術館での所蔵作品でもありました。

彫刻のみならず絵画も展示

インドに伝わる神秘主義の経典「タントラ画」をはじめ、宗教的造形と強く結びついたインドの現代絵画を紹介します。
福岡市美術館とは異なった空間を作り出し、
カプーアの作品の別の表情や、インドの現代美術館の奥深さと広がりを感じていただけます。

 

 

展示情報  〜アニッシュカプーアとインドのかたち〜

開催期間 2017年1月2日(月)〜5月9日(火)
観覧料 一般200円 高校生・大学生 150円 中学生以下無料
開催場所 福岡アジア美術館 アジアギャラリー
開館時間 10:00-20:00入室は閉館30分前まで
休館日 水曜日(水曜日が祝日の場合その翌日)
福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8F

アジア美術館HPアニッシュカプーアオフィシャルサイト(英語)

#この記事に付けられたタグ


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集