雷山千如寺大悲王院の紅葉情報。樹齢400年の大カエデの紅葉を楽しもう

レジャー・観光福岡季節情報福岡紅葉情報
2016年10月24日 月曜日

雷山千如寺大悲王院は糸島の雷山の中腹にある古刹(有名な由緒あるお寺や歴史があり古いお寺のこと)で、清賀上人により開基されたと伝えられています。秋には、境内で大きく枝を広げる樹齢400年の大カエデの紅葉が見事で多くの方が紅葉を求めて参拝します。また、室町時代に作られ庭園にある200本以上のカエデも彩りを添えます。

上記画像は「雷山千如寺大悲王院公式ホームページ」ギャラリーより。

雷山千如寺大悲王院の2016年紅葉情報

例年の見ごろは11月中旬から下旬にかけてです。ただ、紅葉というものは気温によってずいぶんと変わってしまいますのでジャストな見ごろを探すというのは毎年毎年難しいですね……。
なお、雷山千如寺大悲王院の本尊の巨大な木造十一面千手千眼観音は国の重要文化財となっています。ぜひこちらも見たいものですね。

見頃:11月中旬~11月下旬
入場可能時間: 9時~16時30分
入園料・入山料:100円(11月のみ)
堂内・庭園拝観料:400円
駐車場:あり(120台・無料)
住所:福岡県糸島市雷山626

福岡県糸島市雷山626

 

交通アクセス

公共交通機関ならJR筑肥線「筑前前原」より昭和バス「雷山観音行き」30分、終点より徒歩5分となります。少し距離がありますね。

自動車の場合、福岡前原道路前原ICより県道546号線を雷山方面へ7kmほどです。

#この記事に付けられたタグ


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集