第7章:悟の狙い(小説「悔恨」)

福岡小説小説:悔恨
2015年10月26日 月曜日

入社から二年、谷中悟は株式会社ニュートンスクエア代表取締役に就任した。

やっと社長になれた。

入社時から社長の座を狙っていたわけではない。

先日の株式会社イーロンとの支社長面談の結果、原田弘一朗が代表取締役を辞任することになった。

株式会社イーロン田中室長との事前の話では、井川純二も代表取締役を辞任させると聞いていたが、そうはならなかった。

理由は教えては貰えなかった。

 

原田の会社が、軌道に乗らなかったことは想定していなかったが、それ以上に予想外だったのは、井川純二が自ら代表取締役を辞任したことだ。

おそらくは、テレビボードの件の責任を自らに仮せたのだろうが、俺にとってはプラスでしかない。

おそらく、原田弘一朗の会社はもう長くないだろう。

助けてあげたい気持ちはあるが、共倒れは避けなければいけない。

こっちにも守るべき従業員は大勢いるんだ。

 

自分が社長に相応しいかと言われれば、今はまだわからない。

しかし、考えてみると、井川純二は社長には向いていない。

優しすぎる。

原田弘一朗は間違いなく社長に向いていない。

危険すぎる。

自分に野心が無いか問われれば、ある。

ただその思いは、原田弘一朗のそれとは明らかに違う。

自分を、強く、賢く見られたいわけでは決してない。

事業を無限に拡大していきたいなんて考えはない。

彼は俺の話にもう耳を傾けない。

 

 

思えば弘一朗には差を付けられて苦い思いをしてきた。

そう思うこともあった。

でも、思い浮かぶのは別の記憶だった。

学生時代はほぼ毎日一緒にいた。

友達は沢山いたが、親友と呼べるのは弘一朗くらいだった。

だが、彼は変わった。

どこで、何が、彼を変えたのかわからない。

 

昔、二人で食べたラーメンの味を覚えているか。

博多特有の注文の仕方に戸惑っていた彼は。

初めて歩いた親不孝通りで、外人に話しかけられ固まっていた彼は。

警固公園で女の子に声をかけ、怖いお兄さんから、一緒に走って逃げた彼は。

一緒に行った屋台で、馴染めず一番端で苦笑いを浮かべていた彼は。

教えてあげたブランデーを、これなら飲めると真っ赤な顔で笑った彼は。

 

そして、“お前のお陰で博多が大好きになったよ”と笑顔で言ってくれた弘一朗は。

 

俺が、何とかしなければ。

終らせなければならないなら、終わらせないといけない。

もうたくさんだ。

弘一朗の父親も助けることは出来なかったかもしれない。

 

そして、井川純二が弘一朗の大切な友達ならば、助けてあげなければ。

原田弘一朗を守ることが俺には出来るだろうか。

1章:ひかり
2章:友情
3章:変化
4章:親子の関係
5章:勝負
6章:破滅
7章:悟の狙い
8章:父の想い
9章:純二の視点
10章:回想
最終章:闇の真実


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集