新着記事

第7章:悟の狙い(小説「悔恨」)

入社から二年、谷中悟は株式会社ニュートンスクエア代表取締役に就任した。

この記事を読む

第6章:破滅(小説「悔恨」)

心待ちにしていた連絡が入った。 先週の月曜日に、銀行担当者との面談は終わっていた。

この記事を読む

第5章:勝負(小説「悔恨」)

光太郎の提案は魅力的だった。 この頃には、弘一朗は株式会社ニュートンスクエアの共同代表取締役に就任していた。 そればかりか、実質、会社オーナーとして統治していた。 しかしそれは、弘一朗が強権によって手にした訳では無い。

この記事を読む

第4章:親子の関係(小説「悔恨」)

井川純二は会社設立の為の資本金一千万円を、両親から借りていた。 借りたというより、御祝い金として頂戴したというほうがしっくりくるかもしれない。 なんといっても大金持ちだ。

この記事を読む

第3章:変化(小説「悔恨」)

「やばいよ。庇いきれない。どうするつもりだ。」 鏡は慌てた様子で弘一朗に電話を入れた。

この記事を読む

第2章:友情(小説「悔恨」)

「これからもよろしく頼むね、谷中君。」 「いろいろあったけど取りあえず乗り切った。これからは慎重に進めていかないかんばい。 資金管理は俺がするから、あんたは取引先との信頼回復が急務やけんね。」 生まれも育ちも博多。生粋の […]

この記事を読む

第1章:ひかり(小説「悔恨」)

『もう終わりかな。』 蒸し暑い7月の、眩しいひかりが差し込む午後だった。 弘一朗は大きなため息と一緒に吐き出すように呟いた。 頭もひどく痛む。

この記事を読む

42 / 42« 先頭...10...39404142

特集

ノーマ・ジーン オンライン