投稿者アーカイブ:原田弘一朗

どこまでも惹き込まれるその青色

 
福岡小説, 小説:どこまでも惹き込まれるその青色

年上の“その綺麗な人”は年下の僕をどう見ているのだろう? 子供では無いが大人では...

続きを見る

第十話 あなたの為なら(小説:モテすぎた男)

 
福岡小説, 小説:モテすぎた男

セミナー2日目は講師である藤原明日香を中心に、『女心』をテーマとした全員参加型の...

続きを見る

第九話 迷い(小説:モテすぎた男)

 
福岡小説, 小説:モテすぎた男

クラブ「アマルフィ」を出て、馴染みのスナックに一人顔を出した後、ホテルの部屋に戻...

続きを見る

第八話 深夜の多忙(小説:モテすぎた男)

 
福岡小説, 小説:モテすぎた男

その後は特に騒動もなく其々にクラブ「アマルフィ」を後にした。 特別に何も無いこと...

続きを見る

第七話 亀裂(小説:モテすぎた男)

 
福岡小説, 小説:モテすぎた男

瀬尾が帰った後のクラブ「アマルフィ」は異様な雰囲気に包まれていた。 近藤将彦が出...

続きを見る

第六話 小さなミス(小説:モテすぎた男)

 
福岡小説, 小説:モテすぎた男

「憶えていてくれたの?嬉しいよ。」 「憶えていますよ。ワールドバンクにお勤めの瀬...

続きを見る

第五話 再会(小説:モテすぎた男)

 
福岡小説, 小説:モテすぎた男

博多駅から中洲まではタクシーで10分程度だ。 外は土砂降りの雨が路面を打ち付けて...

続きを見る

第四話 思惑(小説:モテすぎた男)

 
福岡小説, 小説:モテすぎた男

毛利を先頭にして、田村と藤原明日香を含めた参加者全員は一軒のお店に入って行った。...

続きを見る

第三話 蛙(小説:モテすぎた男)

 
福岡小説, 小説:モテすぎた男

藤原明日香の発言により、部屋全体がざわつき出した。主催者の田村にも何が起きたのか...

続きを見る

第二話 工作(小説:モテすぎた男)

 
福岡小説, 小説:モテすぎた男

木曜日の19:00だというのに、毛利則之の経営する炉端焼きのお店は、既に満員御礼...

続きを見る

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus