アルバイト面接でのコツ

仕事・資格アルバイト情報
2016年9月23日 金曜日

アルバイト面接のコツでは、アルバイト面接におけるテクニックや聞いておきたいことなどをまとめます。

アルバイト面接のコツ

履歴書を提出した後は、通常アルバイト先での面接があります。このアルバイトの面接で見られるポイントというのは、ほとんどの業種や職種で同じですので、コツを踏まえた上でアルバイトの面接に挑みましょう。

第一印象を大切に:アルバイトの面接

ある心理学の実験では、人は第一印象でその人のほとんどの部分を判断してしまい、その先入観を拭い去ることは非常に困難である。という結果が出ています。

特に、アルバイトに限ったことではありませんが、面接というものは基本的にワンチャンスしかありません。そのため、第一印象でヘマをしでかしてしまうと、短い面接時間の中でそのヘマを挽回するのは容易ではありません(というより不可能だと思います。)

ですから、アルバイトの面接にいくときのコツとしては一にも二にも第一印象を良くするということです。面接の会場に入ったときは大きくはっきりとした声で挨拶をし、社員らしき人たちとすれ違ったら必ず挨拶をしましょう。これだけで、第一印象はかなりアップします。

注意点としては、面接会場に行き帰りも注意してくださいね。いくら会場に行ってから整えたとしても、行く途中でタバコのポイ捨てをして、それを社員に見られていたということでもあれば好感度暴落間違いなしです。

受け答えは落ち着いて:アルバイトの面接

面接というものは誰でも緊張します。面接が終わったあと、なんであんなことを言ったんだろう。と思うことは当然です。しかし、そうならないためにも、できるだけ落ち着いて受け答えをするようにしてください。

志望動機:アルバイトの面接

面接でほぼ必ずといってよいほど、聞かれる質問があります。それは「なぜ、ウチで働きたいと思ったの?」という質問です。この質問は、さっと聞かれて答えれるほど簡単な質問ではないので、できれば面接に挑む前に答えを用意しておくべきでしょう。相手側がなぜこんな質問をするのかというと「こいつは、ちゃんと長い間ウチで働いてくれるかな?やる気をもって仕事をしてくれるかな?」ということを見極めるためにこういう質問をしているわけなので、それに対応するような答えがあればベストです。

聞きにくい事は面接で:アルバイトの面接

面接では、審査を受ける立場にいるわけですから、なかなか給料のことや休みのことなど、アルバイト側の都合について聞きにくい側面があります。しかし、ここで聞いておかないと後々のトラブルになりかねませんので、ぜひ面接の場でしっかりと確かめておくことをお勧めします。 あとから、「話が違う」となるより、不採用となるほうがマシですから。

アルバイト面接でよく聞かれる話題

この他に、アルバイトに対する面接で聞かれやすい質問について掲載します。
・土日や祝日は働けるか?
・平日は夜まで働けるか?
・何時まで働けるか?
・これまでに経験があるか?
・親はアルバイトを許可しているか?
・自宅から勤務地までの距離
などが挙げられます。一応の答えを用意しおくとよいでしょう。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集