2016年10月16日 にしてつ電車祭りの開催決定。イベントを楽しむコツを紹介。

西日本鉄道(西鉄)が毎年開催している西鉄電車のイベントに「にしてつ電車まつり」があります。にしてつ電車まつりは、筑紫車両基地で行われ、入場料金は無料です。整備工場を開放しており見学ができるほか、人数限定ですが運転台の体験、車両洗浄体験、オリジナルグッズの販売やクジなどのイベントを楽しめます。

2016年は10月16日(日)の10時~16時に開催されます。

第23回にしてつ電車まつりとは?

にしてつ電車まつりは西日本鉄道が、毎年鉄道の日(10月14日)にちなんで開催しているイベントです。2016年は10月16日(日)に開催されます。

2016年で23回目の開催となっており、雨天決行です。日鉄天神大牟田線の筑紫車両基地で開催されます。駐車場などはありませんが、西鉄大牟田線「筑紫駅」から無料のシャトルバスが運行しています。

入場は無料で、当日は多くの子供連れでにぎわいます。先着順や抽選のイベントもあるため、参加したい方は早めに行くことをおすすめします。

 

にしてつ電車まつり、2016年のイベント内容

 

・筑紫工場内の解放
検車場をのぞくすべての工場施設を開放しています。場所場所で係員さんによる解説や説明を聞くことができます。

・ミニ電車の運行
西鉄3000系をモチーフにしたミニ電車(子供用)

・記念撮影コーナー
西鉄電車を背景に乗務員の制服や制帽をかぶって記念撮影ができます。撮影した写真は缶バッチにすることもできます(有料100円)

・運転台体験コーナー
人気コーナーです。実際の車両運転台の運転席に座って、西鉄天神大牟田線の映像を見ながらシミューレーターを体験できます。(当日先着順・整理券配布)

・オリジナルグッズ販売
電車グッズが販売されています。車両部品の販売はありません。

・車内からみる車両洗浄体験コーナー
限定250組。車両を自動洗浄機で洗車する様子を電車の車内から見ることができるイベントです。当日10時から車両基地入り口付近で整理券を配布します。

・車掌体験コーナー
2016年初めてのイベントです。小学生以下のお子様を対象に制帽を着用して扉の操作や車内アナウンスを体験できます。事前応募制です。

・飲食コーナー
お弁当屋さんなどが出店する予定です。できればレジャーシートなどを持っていくと便利かと思います。

 

当日は抽選イベント、先着順イベントが目玉

にしてつ電車祭りの大きなイベントは「電車のシミュレーター体験」と「車両洗浄通過体験」「車掌体験」があります。車掌体験は事前のハガキでの応募が必要ですが、シミュレーター体験と車両洗浄通過体験は当日の先着順なので、希望する方は早めに行きましょう。


特集