西鉄ホテルグループへの宿泊でたまる西鉄ホテルポイントの活用法

福岡のバスや鉄道を運営する交通会社の西鉄は、ホテル事業も展開しています。福岡地区はもちろんですが、東京、愛知、大阪、京都、高知、大分、鹿児島、沖縄といった日本各地。さらに、韓国、タイ、台湾(2023年予定)といったように海外にもホテル事業を展開しています。

そんな西鉄ホテルの利用でたまるポイントが「西鉄ホテルポイント」です。西鉄のホテルがお気に入りの方は、ポイントカードを作っておくとお得ですよ。

西鉄愛がある出張族の皆さん、西鉄ホテルのポイントカードはいかがでしょうか?

西鉄グループのホテルの種類と特徴

現在は以下のホテルがあります。

  • 西鉄イン
  • 西鉄ホテルクルーム
  • ソラリア西鉄ホテル
  • 西鉄グランドホテル

後になるほど、西鉄のホテルの中でグレードが高くなる感じです。他のホテルと比較するなら西鉄グランドホテルはいわゆるシティホテルで、ソラリア西鉄ホテルはちょっといいホテル、西鉄ホテルクルーム、西鉄インはビジネスホテルといったような認識でいいと思います。

 

西鉄ホテルポイントの会員登録とポイント付与の仕組み

入会するには、宿泊をする必要があります。宿泊時フロントで仮登録をすることができます。

会員証はオリジナルポイントカードでもいいのですが、西鉄の交通系ICカードのnimocaをお持ちの方はnimocaカードを会員証代わりとすることができます。この辺りはさすが西鉄ですね。

SUGOCA、nimoca、はやかけんを徹底比較。一番お得な福岡の交通系ICカードはどれ? | とくなび福岡
交通系ICカードは、電車の改札やバスの乗り口でピッとタッチすることで運賃や料金を支払うことができる電子マネーです。福岡ではJR九州のSUGOCA(スゴカ)、西鉄のnimoca(ニモカ)、福岡市営地下鉄のはやかけんの3種類があります。 実は交通系ICは全国相互利用がスタートしており、この3種類の交通系ICカードは相互利用の対象となっています。ですから、SUGOCAもnimocaもはやかけんもどれも同じように福岡の西鉄バス(電車)、JR、地下鉄を利用できます。 じゃあ、どの交通系ICカードも同じなのか?と言われたら少し違う部分があります。大きいのは利用に応じたポイント還元などの部分になります。今回はそんな福岡を代表する交通系の電子マネーのSUGOCA、nimoca、はやかけんを徹底比較していきます。 交通系ICカードの利用でポイントが貯まる SUGOCA、nimoca(ニモカ)、はやかけんの3枚の交通系ICカード(電子マネー)はそれぞれ利用でポイントが貯まるサービスを実施しています。 このポイントが電子マネー選びで大変重要な部分となっているので積極的に比較していきましょう。 SUGOCAのポイント制度 JR九州の電子マネーです。JR系だとJR東日本のSuicaが有名ですがそのJR九州版と思ってもらえればいいです。JR九州内での乗車に対してポイントが貯まります。貯まるポイントは運賃の1%です。 また、自由特急券をSUGOCAで購入すると5%分のポイントが貯まります。 このほか、アミュプラザ、博多デイトス、JR博多シティ、ドラッグイレブンなどJR関連施設ではSUGOCAで決済が可能になっており、こちらでもポイントが貯まります。JR博多駅がお買い物の中心という方はSUGOCAがよさそうですね。 ちなみに、2017年にJR九州はSUGOCAポイントを含む、JQポイント、eレールポイントを統合し「JRキューポ」となっています。 公式:SUGOCA nimocaのポイント制度 西鉄グループの電子マネーです。西鉄バス、大分交通、大分バス、亀の井バス、日田バス、JR九州バス、熊本市電、昭和バス、西鉄電車と西鉄グループの多くで利用でき、また、ポイントm貯まります。 西鉄バス:2%+月間の利用額に応じたボーナス 西鉄電車:月間の乗車回数に応じて1%~3%還元

ちなみに、後述しますが、西鉄ホテルポイントはnimocaポイントとも交換することができます(ただし、非推奨)。

予約をホテルに直接した場合と代理店とでポイントが異なる

まず、ホテルに直接予約、あるいは公式サイトから予約をした場合、宿泊代金の税別10%相当が貯まります。結構ポイントが貯まりますね。

一方で旅行代理店からの予約の場合は金額にかかわらず1件あたり300円となります。ちなみに楽天トラベルやじゃらんネットなどのネット予約サイト経由も代理店経由扱いです。

貯まったポイントは何に使える?

貯まったポイントは1ポイント=1円として、西鉄ホテルグループでの宿泊料金や朝食代、対象レストランでの食事代として充当することができます。

ポイントをアイテムと交換することもできますが、レートが悪すぎるので全くお勧めできません。

  • 3000ポイント→1000ニモカポイント
  • 4000ポイント→1000円相当のクオカード
  • 6000ポイント→4000円相当のマリエラギフト券(西鉄のクルーズ船)
  • 1万ポイント→5000円相当のクオカード
  • 1万ポイント→5000円相当のGポイント

などとなっています。交換させる気が全くない感じですね。なので、ためた西鉄ホテルポイントはそのまま西鉄のホテルで使ってしまいましょう。

有効期限は最終利用日より2年間です。

よく西鉄ホテルに泊まるならさらにお得なシルバー、ゴールド会員

ちなみに、西鉄ホテルをヘビーユースする人には特典もあります。

  1. 年間15泊以上で1万ポイント+5%上乗せ
  2. 年間25泊以上で2万ポイント+10%上乗せ

25泊もする人にはポイント以外にもレイトチェックアウトとかの特典があってもいいように思いますけどねー。ビジネスホテル主体だから、そういったのはあまり求められないんですかね。

 

ビジネスホテルの会員カードは他社もやってる

今回は西鉄ホテルのポイントを紹介しましたが、西鉄ホテル以外のビジネスホテルでも似たようなポイントカード制度があります。

  • 東横イン (10泊ごとに1泊無料)
  • アパホテル (10%相当のポイントバック)
  • スーパーホテル (10%相当のポイントバック)
  • サンルートホテル (100円につき1円相当のポイント)
  • ダイワロイネットホテルズ (10%相当のポイントバック)
  • リッチモンドホテル (10%相当のポイントバック)
  • 三井ガーデンホテルズ  (5%相当のポイントバック)
  • ホテルルートイン (3%相当のPontaポイント)

とか言った感じですね。高いところで10%くらいなので、西鉄ホテルポイントはそれなりに高いポイントバックといえそうですね。

参考:ビジネスホテルの会員カード(ポイントカード)比較

 

以上、西鉄ホテルポイントについて紹介しました。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集

カテゴリー

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus