木下大サーカスを観に行って来ましたよ!3月8日まで開催

木下大サーカスのテント

木下大サーカスが舞鶴公園で公演していることはお伝えしましましたが、木下大サーカスを実際に見てきましたので、まだサーカスに行かれていない方へ役立つ情報をご紹介できればと思います。

木下大サーカスが公演中

木下大サーカスが舞鶴公園にやってくる!2019年12月22日~2020年3月8日」でも紹介していますが、舞鶴公園で木下大サーカスが公演しています。木下大サーカスは100年を越える伝統を持ったサーカスです。福岡公演は前回が5年前、前々回が25年前だそうなので、私が子供の頃に行った木下大サーカスは30年前ということになりますね。

座席のお勧めは

テントの柱

やはり値段が高いリングサイド席はステージに近くお勧めです。子どもが動物が怖がるかもしれないと気になる場合は、ステージ正面のロイヤルブルー席がいいかもしれません。木下大サーカスのテントはそこまで広いわけではありませんので、入場料だけで座れる自由席でも十分に楽しめます。自由席にはテントを支える柱があり視界を遮られることがあります。柱があるのは通路の部分になりますので、自由席に座られる場合はなるべくベンチシートの中央あたりを意識して確保されてください。

木下大サーカスでは飲食できます!

木下大サーカスの食事

外部からお弁当などを持ち込むことは禁止されていますが、サーカスの会場内で販売されている売店の料理や飲み物はテント内で飲食することができます。

売店をご紹介

サーカスの売店

売店といっても、結構リーズナブルな料金設定となっています。休憩時間の20分にも販売されていますが、追加で揚げたりはしないようですので、それまでに出来上がっている物だけの販売になります。私が並んだ時にはどんどんなくなっていましたから、休憩が始まったらすぐに並ばれることをお勧めします。

公演後には象と記念撮影できます!

象と記念写真

公演後、サーカスのショーに出てくる二頭の象と一緒に記念写真をとることができます。記念写真のお値段は1グループ800円です。少し怖い気もしますが、象使いのお兄さんたちが脇にいらっしゃいますので安心です。写真を撮るときは隠れてくれますので、記念写真の中に象使いのお兄さんたちは写りません。象にも少しなら触れることができますので象の肌質も楽しめます。象との記念写真はおすすめです。

#この記事に付けられたタグ


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集

カテゴリー

  • PR

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus