贅沢な握りを堪能♪中央区春吉の高級寿司店、鮓 枉駕(おうが)は全てが絶品

グルメグルメブログ  
2017年6月22日 木曜日

こんにちは、先日家族でお寿司を食べに行きました。
普段はお寿司の出前を取るのですが、全員で1万円ちょっとということが多いのです。しかし
ここは一人1万円。こんな贅沢をしたのは久々な気がしましたが、寿司店の1万円は安い方だそうです。
とにかく1万円だけあって、味はお墨付き。
研究し尽くされた繊細な味。量も十分でお腹いっぱい食べられて、
一つ一つの料理の質が高すぎました。そしてカウンターから見える大将の料理裁きのパフォーマンスも楽しめます。
今回は、そんなお店「鮓(すし) 枉駕(おうが)」をご紹介します。

お店の様子


外観の様子です。国体通り沿いから、路地の方に入ってちょっと歩いたところにあります。


大将は笑顔が素敵な愛想の良い方で、
写真も撮って大丈夫です、バンバン上げてくださいと、快くOKしてくれました。
店内もすっきりとキレイです。
カウンターのみで、大将の握りを見ることができます。
真剣に握られているので、
こちらで好きなように会話を楽しんでおくことができるのも嬉しいポイントです。

気になる料理は?

季節によって変わる1万円コースのみとなっています。
プラスドリンク代になります。

前菜

まずは、握り寿司の前に前菜が出されます。
ここでの一品一品の味が美味しいし、食欲を満たしてくれます。

中央は、クジラをスモークで蒸したもの、右はアジ(だったと思います)を漬け込んだもので柚子と合いました。
どれも生臭さが全然ありません。

こちらもクジラで、脂がのって、ジューシーでした。

左は「亀の手」と呼ばれ、ややゲテモノ感がありますが、本物の亀の手ではないそうです。手から生えている中の部分を引っ張っていただきます。
右は、タコを柔らかくしたもので、上に塩をまぶしていて、ふっくらしています。

こちらの茶碗蒸しは、ウニがのっていて、エビのエキスが効いた蒸しもので味わい深いものでした。

左はイカのゲソでコリコリしており、右はイカの塩辛でお酒によく合いました。

こちらは、うなぎの塩焼きです。うなぎ自身の脂でジューシーで、皮の部分はカリッとしていました。

右にあるわさびをたっぷりつけていただきます。このわさびは、全然辛くありません。

ナスの煮物です。肉厚なナスの上にエビと豆がのっており、ほっこり温まります。

赤だしの味噌汁です。優しい味で温まりました。

とここまでが前菜で、これから握りになります。

握り

一部ピンボケしていてすいませんが、一貫一貫、丁寧に握ってくれます。
醤油はお皿で付けるタイプではなく、上に塗ってくれるスタイルです。







卵が締めになるそうです。

最後に

いかがでしたか?
たまには、自分へのご褒美にお寿司屋さんへ行って見るのもいいですね。
また行きたいと思います。ぜひチェックしてみてください。

店舗情報

店舗名:鮓枉駕(すしおうが)
所在地:〒810-0003 福岡市中央区春吉3丁目14-32サンライトマンション1F
TEL:092-741-7011
営業時間17:00 ~ 24:00 OS 23:00
定休日:日曜日・祝日
HP:http://www.dandl.co.jp/ouga/


投稿者のプロフィール

最新の投稿

「グルメ」カテゴリのランキング

まだデータがありません。

特集

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus