福岡に2つの生協、エフコープとグリーンコープの違いと宅配サービスを比較

グルメ福岡の飲食サービス
2018年9月5日 水曜日

福岡で食材宅配や日用品の購入などを安全にそして安く抑えたいという方々に利用されているサービスにエフコープやグリーンコープといった生協という仕組みがありますね。

福岡県内だと、この二つの生協が存在しています。それぞれ目にした事、耳にした事はあるとおもいますが、この二つのエフコープとグリーンコープがどんな組織で、違いがあるのかどうか、という事までを詳しく調べた方は少ないかもしれません。

今回はそんな福岡の生協、エフコープとグリーンコープの違いを調べてみました。

そもそも生協とは何か?

生協(生活協同組合)は生活者の暮らしを豊かにするために生活品やサービスを共同で購入したり、使ったりするという組織です。コープ(COOP)とも呼ばれます。

生協を利用する人はそれぞれの「組合員」となって相互扶助(お互いに助け合う)の精神の下で運営されます。なので、生協を利用するときは「出資金」を出して組合のメンバーとなるわけですね(一口1000円程度で脱退時に返金されます)。

エフコープもグリーンコープもそれぞれ生協としての理念は同じですが、それぞれは完全に独立した別の組織となっています。スーパー的なたとえでいえば、サニーとイオンみたいな感じで別の組織です。

グリーンコープとはどんな組織?

大阪から中国地方、九州の14府県にある生協です。福岡県は「グリーンコープ生協ふくおか」という名称になっています。規模は大きいですね。マスコットキャラクターは「元気くん」というそうです。見覚えのある方も多いかと思います。

福岡県内には20店舗のグリーンコープのショップもあります。県内にバランスよく出店している感じです。

エフコープとはどんな組織?

続いてエフコープはエフ(F:Fukuoka)という名称からもわかる通り、福岡県内だけの生協です。

1983年に福岡県内にあった5つの地域生協が合同することで誕生しました。エフコープのシンボルは「りんご」のマークですね。

福岡県内には15の店舗があります。内、7店舗は北九州市内にあります。

 

エフコープとグリーンコープの違い。実際に使うならどっち?

ここまでで、エフコープもグリーンコープもどちらも違う組織であるという事はわかっていただけたかと思います。それでは、それぞれのサービスについてより具体的に比較していきたいと思います。

エフコープ グリーンコープ
出資金 加入時は一口1000円で1口以上。追加での出資もできます。出資金には配当金が付きます。脱退時は全額返金。 初回出資金を1000円~3000円。移行は毎月の増資(1口300円~1000円)をお願いしています。出資金には配当金が付きます。脱退時は全額返金。
配達方法 ・個別配達
・ペア配達・なかよし便
・班配達
・受け取りステーション
・個配
・ペア配
・班配
配送料・手数料 班配達、受け取りステーションを利用する場合は無料となります。
「個別配達」「ペア個配・なかよし便」の場合は利用金額に応じて手数料(配送料)がかかります。
個配の配送手数料は月に400円~800円です。月3万~5万円の注文で個配でも無料になります。
カタログ 毎週届きます。注文をしなくてもいいですが、個別配送の場合、注文しなくても50円(税別)がかかります。 毎週届きます。
注文方法 ・専門の注文書
・インターネット注文(eフレンズ九州)
※スマートフォンにも対応しています。
・専門の注文書
・インターネット注文(GCWeb)
※スマートフォンにも対応しています。
支払方法 口座振替 口座振替
休止 連絡すれば可能。ただし、4週間以上、半年以内 可能

サービスについてはそれぞれについてあまり大きな差はないですね。配送料のところが少し違っていますが、個別配送であればどちらも月額の料金に大きな差は出ないと思います。

エフコープとグリーンコープの違いを聞いてみた

実際にエフコープやグリーンコープを使っているというユーザーの方に、なぜエフコープ(グリーンコープ)を選んだのか?という口コミを集めてみました。

エフコープは、どちらかというとスーパーとかで売っているような商品も豊富で価格も安めなものも多いイメージ。商品点数が多いことから、ネットスーパーに近いイメージで活用している方も多いようです。

一方でグリーンコープの場合、扱っているのはオリジナル商品が多い。商品に対する基準が厳しく、有機・無添加といったこだわりがあります。その分お値段もエフコープよりも高めです。食品に対してより強いこだわりがある方に支持されているようです。

エフコープとグリーンコープのお試しセットキャンペーン

どちらの生協も自社のサービスを知ってもらうためのお試しセットのキャンペーンをやっています。試してみて、気に入った方を利用するという使い方でも構わないと思います。

>>エフコープのお試しセットキャンペーン

>>グリーンコープのお試しセットキャンペーン

 

最近はコープ以外の選択肢も増えてきた

一昔前までは自宅に食材等を宅配してくれるサービスと言えば「生協」くらいしかサービスがありませんでした。

生協でも最近は「個別宅配」が増えてきていますが、ご近所さんと一緒になって注文するというようなスタイルもあります。

そうした付き合いが苦手な方なら、別のサービスを利用するという手もあります。

  • ネットスーパー
  • 食材宅配サービス
  • ミールキット

などですね。

福岡地区でも「楽天西友ネットスーパー(サニー)」や「おうちでイオン」のように大手のスーパーが自宅まで商品を個別宅配(時間指定可能)で送ってくれるようなサービスもあります。

福岡市内で使えるネットスーパーを徹底比較 | とくなび福岡
最近は首都圏中心だったネットスーパーというサービスも福岡エリアでもポツポツと利用できるところが増えてきました。 インターネットで注文すれば、わざわざスーパーに買い物に行かなくても自宅まで食料品や飲料などを届けてくれるネットスーパーは仕事や子育てなどに忙しい皆さんにとっての強い味方です。 そんな便利なネットスーパーも「よくわからない」という理由で敬遠していませんか?今回は福岡市内で利用できるネットスーパーを徹底比較していきます。 働く人も子育て中の人も便利なネットスーパー活用術 実は福岡市内ではサニーやイオンのネットスーパーを利用することができるようになっています。対応エリアも比較的広いので、市内在住の方ならかなりの方が利用できるはずです。 一方で、私の肌感覚では、これらのサービスを活用している人はあまり耳にしないです。ネットスーパーを利用している身からすれば、かなりもったいないと思っています。 育児や子育てが大変で買い物に行くのも一苦労 仕事が遅くなって、スーパーで食材を買うのが億劫 ビールやお米など、重たいもの結構買うことが多い 家からスーパーまでの距離が遠い 普段の生活や買い物にこうしたストレスがあるなら、ネットスーパー利用で一気に解決できるかもしれませんよ。 宅配便と全く同じようにとはいきませんが、自宅から一歩も出ずに時間指定をして買い物の品を自宅まで届けてくれます。 注意したいのはやはり不在時 ネットスーパーは宅配便とは違って、スーパーからの専用便で配達されます。生鮮食品を扱っているという都合もあるため、不在時の対応は宅配業者ほど都合が付きません。 後述しますが、楽天西友ネットスーパーでは、不在時の再配達は400円+税の手数料が追加されるだけでなく、時間帯によっては当日の再配達ができず翌日以降になることも……。 ネットスーパーで注文する商品は、今日使いたいという商品も多いはずなので、再配達問題は大きいです。 福岡市内で利用できるネットスーパーを比較 そんなわけで、福岡市内で使えるネットスーパーを比較していきましょう。基本的にネットスーパーはそれぞれの地域にある店舗(スーパー)から配送をしているので、エリアごとにある程度の配送地域が決まっています。 楽天西友ネットスーパー(サニー) おうちでイオン

色々な選択肢がある中で、あなたにぴったりのサービスを選んでください。

以上、


特集

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus