都ホテル博多がリニューアルオープン!屋上には天然温泉スパも併設

2016年3月にいったん閉館をした博多都ホテルが2019年9月22日開業しました。緑と水と光のホテルをコンセプトとした外観は美しく、幻想的です。

博多駅筑紫口から徒歩1分、地上13階建で目を引くのはなんといっても屋上に見られる屋外温泉スパが併設されており、高さ7mからの滝を見ることもできます。

博多駅直結のデザイナーズホテル

博多駅筑紫口から地下道で直結する都ホテル博多。全面ガラス張りのキューブ型のデザインが特徴的で夜間は縦筋のLEDによるライトアップでデザイン性が強調されたホテルとなっています。

また、何と言っても特徴的なのが13回の屋上に設置されている温泉スパです。天然温泉のプールやジェットバス、足湯を楽しめます。

ナイトプールとしても活用できるようになっています。

 

温泉スパや内湯は当面は宿泊者のみ利用可能

2019年内は宿泊客のみへの開放となり、一般(立ち寄り)提供は2020年以降になるのだそうです。

一応、立ち寄り利用の価格設定はされています。

・デイタイム(7時~17時)
大人:5,000円
子供:2,500円

・ナイトタイム(17時30分~20時/20時~22時30分)
大人:4,000円(2.5時間)

※ナイトタイムは20歳以上限定です。

料金は結構強気です。ナイトタイムは、都ホテル博多の緑や滝、ライトアップを活用した、いわゆる映えるプールになりそうです。

なお、宿泊客には無料で提供されていますが、こちらは2020年3月までのオープン特典としての提供なのだそうです。

 

ホテルは全室30平米以上の広さの客室

ホテルの客室は全室30平米以上のゆとりがある広さの客室となっています。

エリア的にはビジネス客需要が高そうなエリアではありますが、SPAやナイトプールなどがあることを考えると、カップルの利用も多そうですね。


特集

カテゴリー

  • PR

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus