福岡の名医 整形外科 膝痛 福岡リハビリテーション病院

医療・病院福岡の名医
2018年1月22日 月曜日

名医紹介

花田弘文先生

医学博士。

日本整形外科学会専門医・日本整形外科学会スポーツ医・健康スポーツ医。

病院概要

名称/福岡リハビリテーション病院

住所/福岡市西区野方7-770

TEL/092-812-1880

診療科目/整形外科・内科・脳神経外科・消化器外科・血管外科・糖尿病内科・神経内科・麻酔科・歯科

診察時間/9:00~12:30 13:30~17:30

休診日/土曜午後・日・祝日

特長/リハビリの重要性に関心が低かった30年以上前から質の高いリハビリを提供してきており、運動器疾患・脳血管疾患・在宅の3部門のリハビリテーション部で専門性の高い医療を行っています。

特に膝の痛みに関しては、保存療法の治療に注力しています。

※病院内手術実績のほぼ半数が膝関節に関係するものとなっています。

 

膝に違和感を覚えたら、すぐに医師に相談

近年、中高年に多い病の一つに膝痛があります。

その原因として、体重の増加や太ももまわりの筋肉の低下、老化による膝関節の損傷などがあげられます。

膝が痛くて歩けないといったものから、立ち上がる際にビリッと痛むなど膝痛といっても人それぞれです。

単なる疲れや、一時的なものだと大きな問題はありませんが、半月板や軟骨の損傷などは放置しておくとその後ずっと膝の痛みと向き合って行かないといけないような症状を招きかねません。

ほとんどの場合において、早い段階で専門医の治療を受けることで膝痛は軽減されます。

 

膝痛における手術療法とは

膝痛の症状がひどい場合には手術が必要になります。

その術式において軽度な手術から3パターンを紹介いたします。

 

1・関節鏡視下手術

多くの方に改善が見られる術式です。

膝にメスを入れること無く超小型カメラを挿入して行う手術で、時間にして30~60分で終わる事が大半です。

気になる傷口もわずか5mm程度のものが数か所と、体力的にも負担が少ないのが特徴です。

 

2・高位脛骨骨切り術

変形性膝関節症の患者さんに行う矯正する手術のことです。

自分の骨を再生できる手術で、術後のリハビリ期間の短さから体への負担は低いと言えるのではないでしょうか。

 

3・人工関節置換術

膝関節治療における最終手段として行われる手術といえます。

人工関節置換術とは脚の悪化した部分を取り除き、その名の通り、人工関節に置き換える手術のことです。

 

早期相談・早期治療の心得

膝痛の治療で望ましいのは、初期の段階で治療を開始して手術をしなくて済むことです。

膝痛の原因として最も多く寄せられる声は変形性膝関節症です。

前述しましたが、老化と共に発症する膝関節の軟骨の擦り減りが引き金となります。

また、膝痛の初期段階に多く見られるのは、半月板の損傷で、こちらはあらゆる場合において発症の危険を含んでいます。

階段の昇り降りや、急激な膝への負担時などに突然発症することも多いのです。

この半月板の損傷も、老化や体重増加に伴いそれに耐えらなくなった半月板が変形したり、裂けたりすることが原因です。

しかし、この際に早期に相談や治療にかかる事が出来れば、症状は改善に向かう事がほとんどなのです。

体重抑制のためのダイエットプログラムや、ヒアルロン酸の注入などの治療を用いて治療して行くことになります。

その後症状の状態を見ながら、筋力をつけるための運動療法などもとても有効と言えます。

いずれにしても、最終的に手術という方法を選択しなくてはならない時はあるのかも知れませんが、運動療法や薬物療法、さらには理学療法までと自身にあった治療を選択することが重要なのです。

その為には、自分の膝の状態を理解して、最適な治療法を提供してくれる医師との出会いは欠かす事の出来ない要素です。

いくつになっても自分自身の足で歩けることは最高の喜びです。

膝に少しでも違和感を覚えたならば、直ぐにお医者さんに相談しましょう。


特集