福岡の名医 歯科(予防歯科)の 医療法人わたなべ歯科クリニック

医療・病院福岡の名医
2018年1月15日 月曜日

名医紹介

渡辺俊博先生

福岡歯科大学卒業後、医療法人社団桜香あんざい歯科ベイフロントクリニック勤務

アップル歯科クリニック勤務

医療法人社団桜香赤坂総合デンタルオフィス分院長

医療法人社団桜香理事就任

わたなべ歯科クリニック

医療法人わたなべ歯科クリニック設立理事長就任

病院概要

病院名/医療法人わたなべ歯科クリニック

住所/福岡市西区今宿駅前1-2-34

TEL/092-407-1313

診療時間/9:00~13:30 15:00~20:00

※土曜日の診療は9:00~12:00 13:30~16:00

※毎週木曜日午前診療は13:00まで

休診日/日曜・祝日・木曜午後

診療科目/一般歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科・歯科口腔外科・インプラント

特徴

患者一人一人に分かりやすい説明と丁寧な対応の歯医者さんです。

最先端の医療機器を設備していて、安全で確実な診断に定評があります。

また、予防や、メンテナンスなどのトータルケアに注力しています。

 

口内の健康は全身の健康

歯科に行くのは歯が痛いなどの症状が出てからだという人が多いのではないでしょうか?

それでは遅い!

そうなる前の予防の段階で通院することが大切なんです。

それは、口腔内の健康は体全身の健康と密接な関係にあるからなんです。

例えば歯周病ですが、自分には関係ないと思っている方が大半だと思いますが、成人のおよそ8割が歯周病にかかっているという衝撃のデータが出ています。

そしてその歯周病はサイレントディジーズとも言われていて、一度かかると症状がひどくなるまで自覚できることが難しく、自然治癒も望めません。

歯周病を放置しておくと歯の寿命を縮めるばかりか、健康な歯にも悪影響を及ぼし、口腔内全体の状態を損ねてしまうのです。

 

歯周病と関係性がある疾病

次に歯周病と関係性がある事が証明されている疾病について考えて行きましょう。

先ずは糖尿病です。

糖尿病は免疫力の低下により様々な病気を引き起こしてしまう病ですが、糖尿病患者は歯周病にかかるリスクが高く、反対に歯周病に感染することで糖尿病を悪化せせる事もあります。

この2つの病はお互いに影響を受けやすく、歯周病の治療をすることで血糖値が改善して、糖尿病の改善にも繋がるのです。

続いては脳血管疾患と心臓疾患です。

心筋梗塞などの虚血性心疾患は動脈内の粥状のプラークにより血液の通り道が細くなることが原因とされています。

歯周病菌はこのプラークの形成を促進させ心筋梗塞などを引き起こす血管の詰まりを招くという負の連鎖が起きてしまうのです。

高血圧の方や、中性脂肪が気になる方に歯周病予防や、治療は必要なのです。

さらに歯周病は早産や低出生体重児といったトラブルに影響が確認されていて、歯周病患者の妊婦は健康な方と比べて最大で4倍ほども早産などのリスクが高まります。

 

予防歯科の重要性

 医療法人わたなべ歯科クリニックでは、予防歯科に力を入れています。

その予防法はPMTCと呼ばれるものです。

簡単に言えば、歯科医師などが専門の器具や技術で歯を清掃することです。

PMTCは1回につき30分程度で終わり、毎月受診することが望ましく、虫歯や歯周病の治療だけでなく、口腔がんなどの早期発見や早期治療に効果的です。


特集

カテゴリー

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus