JR九州の”走る九州”観光列車「36ぷらす3」2020年10月運行開始!

363

2020年10月から運行を開始するJR九州の観光列車「36ぷらす3」についてご紹介します。5日間かけて九州7県を反時計回りに巡り、車内で食事することができるプランがあります。博多駅から乗車するルートがありますよ。

36ぷらす3

「36ぷらす3」はJR九州の新しい観光列車として2020年10月15日に運行開始します。列車のセンセプトは「九州のすべてが、ぎゅ―っと詰まった“走る九州”といえる列車」ということで、5日間かけて九州7県を反時計回りに巡るコース設定となっています。それぞれの地域によって異なるランチプランやディナープランも用意されています。

「36ぷらす3」という名前の由来

世界で36番目に大きい島、九州全県を巡る「36ぷらす3」は、5つのルートに、九州を楽しむ35のエピソードをぎゅーっと詰め込んで、お客さまをお迎えします。ぜひ全ルート楽しんで、お客さまご自身に“36番目のエピソード”を語っていただきたい―そんな想いを込めました。この列車で、驚き、感動、幸せをお届けし、「お客さま、地域の皆さま、私たち」でひとつになって、39(サンキュー!)=「感謝」の輪を広げていきます。

「36ぷらす3」のコース設定

運行ルート

木曜から月曜まで、それぞれのルートを運行します。5日間で九州を一周するコースとなっています。博多駅から出発するのは木曜日の「博多→熊本→鹿児島中央」ルート、月曜日の「博多→佐賀→長崎」ルート、博多駅に戻ってくるのは日曜日の「大分→門司港→小倉→博多」ルート、月曜日の「長崎→佐賀→博多」ルートとなっています。

発射時刻は博多駅9:52発(休日9:58発)→ 鹿児島中央駅16:24着となっています。

「36ぷらす3」のプランを紹介

363lunch

「36ぷらす3」では、各コースに合わせた地域の「美味」を楽しめる、お食事付きのランチプラン・ディナープランと、お客さまのご都合に合わせて気軽にご乗車できるグリーン席プランの2種類の商品がございます。

全席指定で1号車~3号車はランチプラン・ディナープランのみ、 5号車~6号車はランチプラン・ディナープランおよびグリーン席プランでの発売となります。グリーン席プランはある区間だけ36ぷらす3に乗ることもでき、食事を持参することやビュッフェでの食事を取ることもできます。

「36ぷらす3」の乗車料金

木曜日の博多→鹿児島中央の場合

  • 個室・寿司ランチ付きプラン 大人30000円、子ども25000円、子ども食事なし14500円
  • 個室・洋食ランチ付きプラン 大人25500円、子ども20500円、子ども食事なし14500円

「36ぷらす3」の予約

36ぷらす3の予約は発売は乗車日1ヶ月前の朝10時からとなっています。予約は36ぷらす3専用サイトやJR九州インターネット列車予約、みどりの窓口、旅行会社などからお申し込みいただけます。

黒い787「36 ぷらす 3」2020年秋運行開始!| JR九州
2020年秋、JR九州では約3年半ぶりとなる新しいD&S列車がデビューします。コンセプトは「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった“走る九州”といえる列車」。これまでのD&S列車とはひと味違った、新たな旅の楽しみ方をご提案します。

投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集

カテゴリー

  • PR
  • 未分類

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus