自宅で出来る脱毛

美容ボディケア情報
2016年9月23日 金曜日

ボディケアの脱毛に関する情報をお届けします。ここでは自宅で出来る脱毛の種類について紹介しています。

脱毛の種類

カミソリ

特徴

この処理は自宅で簡単・手軽に出来る、ムダ毛処理の代表的なものであり、最も一般的なものです。

種類

代表的なものにカミソリと電気シェーバーの2種類があります。カミソリのナイフ型のものは、手元が滑りやすく皮膚を切ってしまう可能性があるので、T字型のカミソリの方がより安全で使いやすくなっています。

電気シェーバーはその名の通り、刃が電動で動いて体毛を剃るものです。カミソリより値段は高くなりますが、より安全です。現在では、ワキ、手足用など部分により刃の形が異なっていて、より安全に手軽に剃れるようになってきました。

注意点

この処理の特徴は、入浴時や入浴後など、家庭で手軽に処理が出来る事ですが、表面に出ている体毛のみを剃るだけの処理なのですぐに伸びてきてしまい、何度も剃る必要があり手間がかかります。また刃により、カミソリ負けや皮膚を傷めたり毛穴の化膿などを起こす危険性もあり注意が必要です。処理後は、化粧水などで十分に肌をケアする必要があります。肌に傷があったり、炎症をおこしている場合は使用を避けましょう。

脱毛・除毛クリーム

特徴

肌の表面上に出ている体毛を溶かす脱毛法です。

注意点

手軽に処理が出来て痛みがないのがメリットですが、クリームの化学作用により体毛を溶かすので、体毛と同じ成分を持つ肌にもかなりの負担がかかっている事になります。肌荒れやかぶれの危険性も出てきますので、肌が特に弱い場合は、事前に少量を肌につけてパッチテストをし、かぶれ等がない事を確認して処理を行なう様にします。処理後は、化粧水などでの肌のケアを十分にしましょう。

脱毛ワックス

特徴

体温程度に温めた脱毛ワックスを塗り、ワックスが冷めて固まったら一気にはがすという方法です。市販のものも発売されているので、自宅でも行なえます。

体毛を毛根から一度に脱毛でき、広範囲に渡り処理が可能ですが、毛根部までの破壊は出来ず永久脱毛ではないので、処理の効果としては3週間~1ヶ月が目安です。

注意点

ワックスを用いた処理は、ワックスを無理に剥がして、複数の体毛を毛根から一気に抜き取るので強い痛みを伴います。また、古い角質まで一緒に取り除くので、皮膚にもかなりのダメージがかかってしまい、腫れやかぶれ、時に内出血をひき起こしてしまう場合もあるので、特に肌の弱い人は避けたほうがよいでしょう。その他、体毛が途中で切れたり、皮膚の中に埋没する事もあります。

脱毛ワックス

特徴

体温程度に温めた脱毛ワックスを塗り、ワックスが冷めて固まったら一気にはがすという方法です。市販のものも発売されているので、自宅でも行なえます。

体毛を毛根から一度に脱毛でき、広範囲に渡り処理が可能ですが、毛根部までの破壊は出来ず永久脱毛ではないので、処理の効果としては3週間~1ヶ月が目安です。

注意点

ワックスを用いた処理は、ワックスを無理に剥がして、複数の体毛を毛根から一気に抜き取るので強い痛みを伴います。また、古い角質まで一緒に取り除くので、皮膚にもかなりのダメージがかかってしまい、腫れやかぶれ、時に内出血をひき起こしてしまう場合もあるので、特に肌の弱い人は避けたほうがよいでしょう。その他、体毛が途中で切れたり、皮膚の中に埋没する事もあります。

毛抜き

特徴

処理には大変手間のかかる方法ですが、毛根から脱毛するので、約1ヶ月ぐらいは次の体毛が生えてきません。

ただし、カミソリの数倍毛穴の化膿がおきやすい処理法で、体毛が埋没してしまう可能性もあります。

注意点

現在では、自宅でレーザー脱毛が出来る機械も多く出回っています。エステに通うより格安の料金で出来て、また時間の節約にもなるので便利ですが、誤った使い方は危険を伴いますので十分な注意が必要です。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

「美容」カテゴリのランキング

特集