福岡の電力会社を比較!九州電力以外のお得な電力会社はある?

マネー福岡で得するマネー術
2019年9月24日 火曜日

2016年4月に電力自由化がスタートしており、個人が自由に契約する電力会社を選ぶことができるようになっています。

福岡の場合、これまでは九州電力しか契約先がなかったわけですが、新電力ともいわれる色々な電力会社と契約することができます。各社とも様々な独自性のある料金体系を用意しているため、人によっては九州電力から乗り換えるほうが電気代を大きく節約できる可能性もあります。

今回は福岡エリアにおける新電力を比較していきます。

新電力と電力自由化の基本

電力自由化というのは、これまで地域独占だった電力の小売りを広く開放したものです。

福岡なら九州電力がこれまで独占的に電力の販売を行っていたわけですが、これを広く開放します。ただ、電力会社を切り替えたからといって使う電気が変わるわけではありません。

送電線も九州電力のものを使いますので、新電力にしたから停電しやすくなる……なんてこともありません。

電力はこれまで通り同じ送電線を通じて送られてきます。変わるのは契約している会社と料金の計算方法だけです。

  • auでんき
  • ソフトバンクでんき
  • エネワン電気
  • イーレックス
  • Looopでんき
  • ミツウロコでんき
  • あしたでんき
  • 西部ガス
  • HISでんき
  • 楽天まちでんき
  • 出光昭和シェル
  • イデックスでんき

といったように福岡エリアでも色々な会社が電力小売りに参加しています。

 

電気代は”固定費”一度の手続きで節約効果が続く

電気の自由化が始まってから数年経過していますが、実際に乗り換えた方はそう多くはないようです。

2018年5月31日に内閣府で報告された「電力・ガス小売自由化に関する課題についての消費者委員会意見」の資料によると、電力自由化で実際に乗り換えをした人は制度開始から2年間で9.1%となっています。

一方で電気代というのは家庭支出における「固定費」的な性格を持っています。使用量によって料金は変動しますが、節約にも限度があります。

そのため、多くの家庭では季節ごとに違いはあれど毎年ある程度決まった金額の電気代がかかっているのではないでしょうか。

上記の記事でも紹介されていますが、固定費は一度節約をすませれば効果が持続していきます。新電力への乗り換えで仮に毎月500円しか節約できなかったとしても1年で6,000円、2年で12,000円というように節約効果が積みあがっていきます。

 

どういう人が新電力との契約を考えほうがいいのか?

既存の電力会社(九州電力)から乗り換えをするべき人はどういう人なのでしょうか?

  • 電力使用量が多い人
  • ほとんど電気を使わない人
  • セット割が使えそうな人

この3パターンがあります。

電力使用量が多い人

電気代の節約効果を実感できるのはやはり、一定以上の利用金額が大きい家庭です。仮に乗り換えで5%の電気代節約ができても、月6,000円しか電気を使っていないなら節約効果は300円です。一方で月15,000円使っているなら5%で750円も節約できます。

ほとんど電気を使わない人

ひとつ前の項目と矛盾しますが、こちらは「基本料金」の問題です。九州電力の電力契約ではどれだけ電気を使わない人でも基本料金が発生します。新電力の中には基本料金を無料とする電力会社(Looopでんき)があります。
ほとんど自宅におらず電気を使わない人ならこの基本料金無料は大きな節約効果になります。

セット割が使えそうな人

ソフトバンクでんき、楽天でんきのように携帯電話契約とセットで割引が受けられるケースもお得です。セット割の内容によっては大きく得をすることができる場合もあります。

 

福岡で人気の高い電力会社を比較

福岡エリアで九州電力からの乗り換えが可能な人気の電力会社を比較していきます。

 

looopでんき 基本料金無料のプラン

電気代単価自体はやや高いのですが、looopは基本料金無料のプランが人気です。単身者の方などでほとんど自宅に帰らないというような方に向いている電力会社です。

 

イデックス電気 夜トクプランはオール電化住宅にお得

オール電化住宅の方にお勧めの新電力となります。オール電化住宅向けに基本料金、電力料金ともに「電化でナイト・セレクト22(九州電力)」よりも安い価格に設定されています。

オール電化住宅はガスを使わないため、電気使用量も大きいので数%の割引でもかなり大きな節約効果を生みます。

 

ソフトバンクでんき スマホ回線回線数に応じて割引

ソフトバンクやワイモバイルのスマホ回線1回線につき100円/月の割引があります(最大10回線まで)。家族みんながソフトバンク(ワイモバイル)というように回線数が多い方は割引額が大きくなり、お得度が大きくなります。

 

楽天でんき 楽天市場のお買い物がお得になる

楽天市場などを運営する楽天系の新電力です。契約すると、2000ポイントのプレゼントに加えて、200円につき1ポイント(楽天ポイント)が貯まります。

さらに、楽天でんきの契約がある場合、楽天市場のお買い物でもらえるポイントが0.5%増量するというSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象です。

 

ナンワエナジー

鹿児島に本社がある新電力です。九州電力の一般的な電力契約(従量電灯契約)と競合するプランを用意しており、全体的に単価が安くなっています。

 

HTBエナジー 一律5%安い料金設定が特徴

長崎・ハウステンボス(HTB)の電力会社です。「たのしいでんき」というプランでは九州電力よりも一律で5%安くなるという料金設定をしています。また、「九州めんたいこプラン(19時~20時59分の使用電力が無料)」というようなユニークなプランもあります。

 

ミツウロコでんき

ちびまる子ちゃんのCMでもおなじみですね。電力使用量が多い家庭向けの割引幅が大きくなっています。大家族、日中から家にいることが多い世帯に向いている新電力です。

 

最終的な判断は試算をしてから

なお、電気の使用状況というのは人それぞれです。

電力会社の電気代プランは電気を使う時間帯などによっても単価が違ったりします。そのため、電気代が○○円だから電力会社の乗り換えで××円安くなると一律に言えるものではありません。

おそらく、各ご家庭には九州電力から検針票が届いているはずです。この検針票を使って比較・シミュレーションをするようにしましょう。

九州電力で契約している場合、「キレイライフプラス」というWEBサービスがあり、こちらで電気の使用量などのデータを見ることができます。このデータをもとに、エネチェンジなどの電気代比較サイトを使って検証してみましょう。

上記のように項目を入力していきます。できるだけ数字は細かく入れていくほうがより正確に比較できます。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集

カテゴリー

  • PR
  • 未分類

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus