元祖博多うっど~ん“麺を喰らう”は「博多一幸舎」が運営する新業態

グルメグルメブログ  
2018年1月15日 月曜日

人気のラーメン店「博多一幸舎」が新業態店「元祖博多うっど~ん“麺を喰らう”」をオープンしました。

こちらの「元祖博多うっど~ん“麺を喰らう”」はラーメンとうどんの良いとこどりという新規格の麺で勝負をかけるようです。

うどんのようでうどんでない?ラーメンのようでやっぱりうどん!

麺を知り尽くしたプロが営む新しいうどん店。

小麦粉を極めるという部分においては、あの一風堂がパン屋さんを始めたり・・・。

自社の強みを最大限まで活かした新業態へのチャレンジは近年のトレンドですね。

さて、「元祖博多うっど~ん“麺を喰らう”」のこだわりの麺は製麺工場「製麺屋慶史」の特注麺です。

うどん用の粉を使って、ラーメンの製法で作るそのオリジナル麺はしっかりとしたコシともちっとした食感が特徴で、醤油ラーメンのようでありながら、和風だしでいただく肉うどんのようで、そんな斬新な麺なんです。

 

セルフでいただく汁ありと汁なし2種類のうどん

メニューは“汁あり”と“汁なし”(小550円・並650円)の2種類です。

「元祖博多うっど~ん“麺を喰らう”」はセルフ形式のお店で、“汁あり”か“汁なし”で好みの麺を選んだあとは通常のセルフ店と同様です。

選べるトッピングは、温玉・半熟味玉天、ちくわ天、キス天、とり天、本日の天ぷらなど(各100円)他には「肉増し」(150円)などが並びます。

さらには嬉しいことに、無料のゴボウ天まで用意されていました。

(常に無料で置いてあるかはわかりません)

さて、そのこだわり“うっど~ん”を頂くのは、すべてカウンター席になります。

カウンターには味を調節するための麺ダレや汁なし用のリンゴ酢・塩・ラー油・一味唐辛子、胡椒などが置いてあり、冷麺のように色々な味変を楽しむことが出来ます。

さらにカウンターには、トッピング種類などが記載されていますので、初めての方は参考にされてもいいのではないでしょうか。

 

それでは“元祖博多うっど~ん”頂きましょう! 

見た目は醤油ラーメンのようで、それでいて美味しい肉うどんのようにも見えますね。

一口スープをいただきます。

甘辛醤油出汁が冷えた体に沁みわたります。

鶏ガラのようで、和風だしのようで、コクがあってこってりした味わいなのに、あと味はさっぱりとしていて、まさに他にはない“うっど~ん”といった感じです。

麺を食べてみてわかりました。

これはうどんです。

しかもかなりおいしいこだわり麺のうどんです。

 

いろいろと書きましたが、出てきた“うっど~ん”はアツアツの内にいっき食いすることをオススメします。

福岡のうどん文化に一石を投じることが出来るか?

元祖博多うっど~ん“麺を喰らう”のこれからに注目です!

 

店舗情報

名称/元祖博多うっど~ん 麺を喰らう本店

住所/福岡市博多区博多駅前3-9-12 1F

営業時間/11:00~16:00 18:00~23:00

定休日/日曜日


「グルメ」カテゴリのランキング

まだデータがありません。

特集

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus