『 飯処 角と 』ミシュランガイドにも掲載された隠れ家的なお店

グルメグルメブログ  
2018年3月2日 金曜日

福岡市中央区渡辺通りを入って入り組んだ路地の途中にひっそりとお店はあります。

開店当初から通い始めてはいますが、今回で10回目くらいでしょうか。

その頻度は数か月に1度くらいとそれほど多くはありません。

でも、店主と顔見知りになる事を極端に嫌う私が、必ず目を指すカウンター席メインのこのお店に複数回訪れているのですから、なにかしらの魅力が詰まったお店である事は間違いないと思います。

皆さん一様に高評価を付けている目を引く器と盛り付けは非常に丁寧です

こちらは基本的に5,000円前後のコース料理を頼まれる方が多いように思います。

ちなみに私は一度もコースをお願いした事はありませんが・・・。

大将がお一人で調理されていますので、初めての方や、お得意様と伺う時にはコースでお願いすることをオススメ致します。

特段高級で、気取ったお店ではありませんが、このような雰囲気のお店では料理が出てくる間というのが大きな判断材料になる事は間違いありませんからね。

コースでお願いすると、仕込みが整っている分、スムーズに料理が出てくることでしょう。

まるで美食で無い私は、いくつか絶対に食べたい物をオーダーして、「後は大将のお任せで温かいモノもしくは冷たいモノ、またはお肉の中から早めに出させるものをお願いします」といつもオーダーしています。

さて、一品目は刺身の盛り合わせ。

博多華丸さんに怒られるかも知れませんが、お刺身は大体盛り合わせでお願いしています。

本日は中トロ・煮アワビ・うにのせイカ・白身と盛りつけられていますが、おおよそいつ伺っても中トロ・煮アワビ・うにのせイカは出てきます。

仕入れによって白身魚が変わるくらいでしょうか。

お刺身そのものはねっとりとした食感のモノやコリコリ新鮮なモノまで非常に美味しく頂けますよ。

 

揚げ物と焼き物で胃袋を満たしたら締めのごはんへ一直線!

続いてお願いしたのは白子ポン酢、そして揚げ物からとらふぐの唐揚と甘鯛のウロコ揚げです。

美食ではない私には“とらふぐの唐揚”は上品すぎました。

ふぐの唐揚なら唐戸ふぐのような安いフグの方が豪快にかぶりつけるかも知れません。

それでも絶妙な火入れと、下味十分の衣のバランスは見事です。

本音を言えば、あんこうの唐揚が食べたい・・・・。

まあ、どうでもいいですが、お次は甘鯛のウロコ揚げです。

サクサク歯ごたえのうろこが食欲を増進させてくれます。

歯ごたえさえあれば美味しいと勘違いしてしまう私の馬鹿舌が喜んでいるのが分かります。

 

大将オススメの肉料理とあれば必ずお願いしてしまう筍料理

 どこのお店に行こうが、筍の文字を見るとついオーダーしてしまう私です。

この日は筍と白アスパラのバター焼きと、筍の天ぷらをオーダーです。

筍はまあ、うまい!

多分どこでどんな筍料理を食べても美味いと私は言うのでしょう・・・。

驚いたのは白アスパラ!

白アスパラをほとんど食した事の無かった私には比較対象がありませんが、非常に歯触りがよく肉厚で美味しくいただけました。

今が旬なのでしょうか?

そんなことも分からず今日も歯ごたえを目指して猛進です。

締めのご飯の前の最後の料理は大将にお任せしていた肉料理です。

出てきたのは京鴨の焼き物。

こちらの料理も非常に上品で、自分からお願いしていては一生出会う事のない一品でした。

 

飯処 角とは気取らずご飯(丼物)だけを食べてもいいお店です

こちら角とでは、ごはん物のメニューが非常に多くあります。

親子丼からステーキ丼、イワシ系のものから毛ガニ系、果ては雑炊からカレーライスまで。

おそらく20品以上あるのではないでしょうか。

今までにいくつか頂いたことがあるのですが、本日の私はお肉でギブアップ。

一緒に来店した連れに「普段僕が絶対に頼まないようなモノをオーダーしてみて」と無茶なお願いをした結果、テーブルには“角とのオムライス”が運ばれて来ました。

濃厚なデミグラスソースとフワトロの卵のオムライスは見た目にもとても美味しそうでしたよ。

ちなみに「飯処」の看板に偽りなく、おいしい白ごはんを食べてくださいというもの。

それ故、締めのご飯だけに利用して頂いても嫌な顔は絶対にされませんよ!

あと「角と」は大将の名前です・・・・・・。

 

さてここでお開きとなった訳ですが、数杯のアルコールを頂いて本日のお会計は16,000程でした。

これが高いと思うか、安いと思うか?あなたが実際に確認してみては如何でしょう?

 

店舗情報

名称/飯処 角と

住所/福岡市中央区渡辺通3-8-7 アイビーフラット1F

TEL/092-725-1306

営業時間/18:00~24:00、日 17:00~23:00

定休日/不定

席数/カウンター6席 4人掛け掘りごたつ2席

[blogcard url=”https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40032975/”]


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集

カテゴリー

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus