健康な爪を作る栄養素

美容ボディケア情報
2016年9月23日 金曜日

ネイルケアについての情報をお届けします。ここでは健康な爪を作るための栄養素や食品について紹介しています。

健康な爪を作るための栄養素・食事

健康な爪を作る栄養素とは?

健康な爪は光沢があり適度な厚みがあります。爪を丈夫で健康な状態に保つのに必要不可欠な三大栄養素は、
・たんぱく質 ・ミネラル ・ビタミン類です。

爪や爪の周辺の皮膚を健康で丈夫に保つ為にも、毎日の食生活で必要な栄養素を、バランスよく摂取する事が大切です。

食品からの摂取に限界がある場合には、サプリメントなどから取るようにし爪の健康を維持しましょう。

  1. たんぱく質

    肉類、大豆、魚介類、卵、牛乳、乳製品など

    爪の主成分は、たんぱく質の一種でもあるケラチンです。タンパク質は体内に取り入れられると、アミノ酸に分解され皮膚の組織の一部となります。

    ケラチンの中のシスチンというアミノ酸の含有量により、爪の硬さが決定されます。

    爪を丈夫にするのは植物性たんぱく質、弾力性を与えるのは動物性たんぱく質です。

  2. ミネラル類

    ・カルシウム・・・乳製品、豆腐、大豆、ブロッコリー、いわしなど

    丈夫な爪を形成するために必要不可欠な栄養素。ビタミンDと共に取ると吸収が良くなります。

    ・鉄・・・レバー、ひじき、まぐろなど

    体内に酸素を運ぶ機能を持っています。不足すると爪が薄くなったり、そり爪などの原因にもなります。

    ・マグネシウム・・・豆腐、豆乳、にがり、わかめなど

    筋肉や神経系の機能を活発にします。爪の形成にも重要な栄養素となってきます。

    ・亜鉛・・・かき、卵、カボチャ、たこ、うなぎ、たらこ、豆腐、ナッツ、そば、納豆、チーズなど

    爪や皮膚の新陳代謝を活発にし、また抗酸化作用も持っています。亜鉛が不足すると爪がもろくなったり、爪表面に白い斑点や線が出来やすくなります。一般的に現代人は亜鉛が不足していると言われていますので、積極的に取り入れることを意識しましょう。

  3. ビタミン類

    爪の組織は絶えず成長を続けている為、常に多くの栄養素を必要としています。中でもビタミン類は爪の成長を助ける為にも重要になってきますので、必要不可欠です。ビタミン類が足りないと、爪が赤黒く変色してしまう事もあります。爪の成長を助ける為にも積極的に取り入れるようにします。

    ビタミンC・・・いちご、レモン、グレープフルーツ、キャベツ、キーウィ、パセリ、モロヘイヤなど

    丈夫でつやのある健康な爪にするには、ビタミンCの摂取が必要です。ビタミンCは、体内で自ら生成する事ができないので、積極的に取り入れる様にします。

    ビタミンB2・・・ブロッコリー、さと芋、しいたけ、タケノコ、にら、牛乳、玄米、さば、さんま、いわし、うなぎ、あさりなど

    爪だけでなく、髪や肌にも良い栄養素です。細胞の活動や、エネルギー代謝の活動を促す働きをしています。不足するとこれらの働きを止めてしまうので、意識的に取り入れるようにしましょう。

    ビタミンB6・・・ごま、納豆、じゃがいも、バナナ、しゃけ、にしん、まぐろ、たい、さんま、かつお、豚肉など

    爪の角質内にある、たんぱく質の一種でもあるケラチンを作るには、シスチンと呼ばれるアミノ酸が必要です。ビタミンB6はシスチンを生成するのに必要不可欠な栄養素です。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

「美容」カテゴリのランキング

特集