にきび対策

美容フェイスケア情報
2016年9月23日 金曜日

にきびに関するスキンケア情報をお届けします。日常生活で出来るニキビ対策や、にきびを予防するお手入れのポイントなど、ニキビケアの注意点について紹介しています。

にきび対策

日常生活でのにきび対策

  1. 日ごろから丁寧な洗顔を心がけ皮膚を清潔に保ちます。

  2. 長い爪で肌を触り、傷や化膿を起こす場合があるので、なるべく爪を短く切るようにし、また手で極力肌を触らないようにしましょう。

  3. ニキビを無理につぶさないようにします。

  4. 前髪を多くたらしたり、肌を不潔にするようなヘアスタイルに注意しましょう。

  5. 枕や寝具は清潔に保ちます。

  6. 糖分や脂分の多い食べ物や、コーヒーなどの刺激物を取り過ぎないように気をつけましょう。

  7. ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、食物繊維など肌に良い栄養素を取るようにします。

  8. 睡眠不足はホルモンバランスが崩れる原因となるため、睡眠は十分に取るよう心がけましょう。

  9. ストレスを溜めないようにします。

にきびを予防するお手入れのポイント

  1. 洗顔前に、クレンジングでメイクを良く落としておきます。 クレンジングは油分の量が適度なクリームタイプのクレンジングを使うと良いでしょう。ほとんどの場合、界面活性剤が入っているので、顔全体に伸ばしたら、あまり時間を置かず1分以内にすすぎましょう。

  2. さっぱりタイプの洗顔料で汚れやクレンジングをしっかり落とします。 洗顔の際は必要以上にこすらないようにします。優しくなでるように行いましょう。

  3. 洗顔後、油分は控えめで水分がたっぷりの保湿を十分に行ないます。ビタミンCは皮脂の分泌を抑え、ニキビによる赤みを沈静する作用があるので、化粧水はビタミンC誘導体配合の化粧水が良いでしょう。

  4. 美容液で保湿を十分に行ないます。油分はアクネ菌の栄養分となってしまいますのでつけすぎに注意します。油分の多いクリームや乳液の代わりにヒアルロン酸やセラミド配合の美容液がおすすめ。

日頃より十分にお肌のケアを

通常のにきびは、丁寧な洗顔と日常生活の注意で十分にケアする事ができます。1日2回ほど、普通の石鹸で洗顔し肌を清潔に保ちます。その際、にきびのできやすい額や鼻などのTゾーンは特に念入りに洗います。ただし炎症を起こし化膿してしまった場合は早めに専門医を受診する事がおすすめです。

過剰な洗顔&クレンジングに要注意

ニキビが出来やすいのは、脂性の肌の人に多いというイメージですが、しかし大人のニキビの場合はそうとは限りません。過剰な洗顔やクレンジングによっても起こる場合があるのです。この場合、肌にとって必要なうるおい成分まで落としてしまい、肌が乾燥してしまいます。そうすると角質が厚くなり、余計に毛穴に皮脂を詰まらせてしまいます。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

「美容」カテゴリのランキング

特集