紫外線対策(その他)

美容フェイスケア情報
2016年9月23日 金曜日

スキンケアに関する情報をお届けします。ここでは様々な紫外線対策についての紹介や、肌タイプ別の紫外線対策、紫外線による炎症の対処法などについて説明しています。

紫外線対策

その他の紫外線対策

・日傘や帽子などの着用

日差しの強い日の外出の際は日傘や帽子、自転車や自動車の運転の際は手袋を着用するなど、紫外線を肌に直接受けないように心がける事が大切です。

万が一日焼けをしてしまった場合は、その日の晩に水分補給やホワイトニング効果があるシートパックなどをすると早く改善することができます。

・ビタミンCの摂取

シミが増えるのを抑える為に、色素沈着を防ぐ効果があるビタミンCを多く取る様に心がけましょう。サプリメントからではなく、なるべく野菜や果物、お茶などから摂取するようにします。

・抗酸化作用のある物質を取り入れる

紫外線対策には抗酸化作用のある物質を取り入れると効果的です。例えばポリフェノールやビタミン類。人間の体内にも抗酸化物質は備わっていますが、年齢とともに減少していく為、食べ物から取り入れる必要があります。また野菜や果物などの植物は、紫外線を常に浴び続けている事で細胞を守るしくみが発達しています。それらを取り入れる事は、よい紫外線対策になるので積極的に野菜を取るようにしましょう。

・肌の色別の紫外線対策

紫外線対策は肌タイプによって必要度が違ってきます。一般的に肌の色が黒い人ほど、紫外線に対する抵抗力が強いといえます。

色白肌の紫外線対策・・・色白の肌の人は日に当たると赤くなりやすく、紫外線のダメージを受けやすいタイプでもあります。日焼け止めをしっかり塗ったり、服装を工夫するなどの対策が必要です。

褐色肌の紫外線対策・・・褐色の肌タイプの人は日に当たるとそのまま黒くなり、紫外線に対する抵抗力が比較的強いタイプです。日焼け止めは軽めでもかまいませんが、油断せずに対策を取りましょう。

・炎症を起こした場合の対処

紫外線を長時間浴びてしまい、痛くなるほど肌を焼きすぎてしまったら、とにかく冷やしましょう。肌が赤くなるほど日焼けをしてしまった肌は、炎症いわば火傷をしている状態です。アイスノンや冷やしたタオルを肌に当ててほてりを沈めます。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

「美容」カテゴリのランキング

特集