福岡の人気ふるさと納税を紹介 もつ鍋、明太子、豚骨ラーメン

寄付をすることで地域の特産品などのお礼の品がもらえる“ふるさと納税”。利用者は急増しており、2017年の統計では寄付額は3653億円で寄付件数は1730万件にも上っています。

国民の多くが利用するお得な制度になっています。そんな、ふるさと納税ですが、多くの自治体では地域の特産品をお礼の品としています。福岡県下でもその傾向は強く、もつ鍋や明太子といったグルメ系の返礼品が多数用意されています。

今回はそんな福岡の人気グルメの“もつ鍋”や“明太子”などの福岡名物がもらえるおすすめのふるさと納税を紹介してきます。

福岡の名物グルメがもらえる、ふるさと納税を活用しよう

ふるさと納税は、自分がお住まいの自治体以外に寄附をすることで、寄付金額の税額控除が利用できるだけでなく、お礼の品が寄付先の自治体からもらえるというお得な制度です。

制度的な詳しい内容は以下の参考サイトに譲るとして、実態としては“2,000円の自己負担で地域の特産品などのお礼の品がもらえる制度”です。

おおよそ寄付額の30%~50%くらいのお礼の品がもらえるので、5万円寄付をすれば15,000円~25,000円くらいのお礼の品がもらえるわけです。自己負担は2000円なので圧倒的にお得ですよね!

難しそうに思うかもしれませんが、自分の寄付可能な限度額を知っておけば、あとは、ふるさと納税サイトから寄付するだけです。今は確定申告も不要なので、一度やればお得さの虜になること間違いなしです。

参考:ふるさと納税の仕組みを説明

 

福岡の名物グルメが欲しいなら楽天ふるさと納税がイチオシ

そんなふるさと納税で福岡の名物グルメが欲しいのであれば、インターネットショッピングモールを運営している楽天市場が提供する「楽天ふるさと納税」が一押しです。

理由は以下の点です。

  • 通販サイトの延長なのでショッピング感覚でふるさと納税ができる
  • 寄付で楽天ポイントが貯まる、実質2000円の自己負担も減らせる
  • 飲食系の返礼品が多く登録されている

 

とんこつラーメンがもらえるふるさと納税

福岡の名物の一つといえばやっぱり「ラーメン」ですよね。最近では多くの名店が自宅でもラーメンを楽しめるよう、お取り寄せに適した形の商品も用意しています。

もちろん、ふるさと納税としても寄付のお礼の品としていろいろなラーメンが用意されています。

>>とんこつラーメンがもらえるふるさと納税

もつ鍋がもらえるふるさと納税

博多もつ鍋は福岡を代表するご当地グルメの一つです。もつ鍋ブームは関東などでも時々起こり、専門店もあるみたいです。

そんな、福岡のもつ鍋を自宅でもお手軽食べられるようなセットがふるさと納税のお礼の品としても多数用意されています。

>>もつ鍋がもらえるふるさと納税

辛子明太子がもらえるふるさと納税

福岡の人は実はそこまで食べない?とも言われているが私は結構食べます。

辛子明太子がお礼の品となっているふるさと納税です。登録されている件数も多く、ボリューム重視からブランド重視の方まで色々選べるようになっています。

>>辛子明太子がもらえるふるさと納税

 

福岡グルメをふるさと納税で手軽に楽しもう

福岡の名物といわれるような食べ物を、ふるさと納税でお手軽に、お得にゲットする方法を紹介しました。

これらを食べたことがある人もない人も、ぜひお試しください。

参考:福岡県民あるある「明太子、ラーメン、高菜、もつ鍋」

 

地元:福岡を応援したい人にもふるさと納税はおすすめ

ちなみに、ふるさと納税は“お礼の品”が強くPRされていますが、制度ができた趣旨としては今は都会に住んでいるけど、自分が生まれ育った田舎(ふるさと)に対して恩返しをするための制度です。

今は東京で働いているけど、地元の福岡に寄附を通じて支援することができるわけです。

お礼の品目当てが決して悪いわけではありません。そういう制度なのですから、お得に使うというのはもちろんアリです。

でも、地元を応援するという気持ちで寄付をするということも考えてみてもいいかもしれません。私は今は福岡市在住ですが、生まれ育ったのは大牟田市です。

大牟田市は少子高齢化が進み市の財政も厳しいようです。なので、ふるさと納税を通じて大牟田に寄附をするというのは、ちょっとの手間でできる小さな恩返しという事になるわけです。

その上で、懐かしい地元の東洋軒のラーメン(大牟田市)でも貰って食べたいと思います。

 

以上、福岡のご当地グルメがもらえる人気のふるさと納税を紹介しました。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

「グルメ」カテゴリのランキング

まだデータがありません。

特集