新着記事

最終章:闇の真実(小説「悔恨」)

眩しい。 さっきまでの暗闇が嘘のようだ。 体が重い、動かない。 背中が痛い。両足の感覚が無い。 喉が渇く。 声が出ない。 瞼が開かない。

この記事を読む

第10章:回想(小説「悔恨」)

「泣くなよ、弱虫。」 昨日までは毎日泣きながら、送迎のバスに乗っていた。

この記事を読む

第9章:純二の視点(小説「悔恨」)

今日の事。 「そろそろ、丁度いいころか。」 もう終わりにしたい。どこで人生の歯車はおかしくなったんだ。 株式会社ニュートンスクエア設立の頃は本当に幸せだった。 あの頃に戻りたいなんて、思わない。

この記事を読む

第8章:父の想い(小説「悔恨」)

緩やかに靡くカーテンが、夕日に照らされ幻想的な影を映し出していた。 重苦しい沈黙の後、二人の男は共におじぎをして別れた。 一人は立ち上がり深々と、もう一人は背もたれにもたれ掛かり、辛うじて首を屈めた。

この記事を読む

第7章:悟の狙い(小説「悔恨」)

入社から二年、谷中悟は株式会社ニュートンスクエア代表取締役に就任した。

この記事を読む

第6章:破滅(小説「悔恨」)

心待ちにしていた連絡が入った。 先週の月曜日に、銀行担当者との面談は終わっていた。

この記事を読む

第5章:勝負(小説「悔恨」)

光太郎の提案は魅力的だった。 この頃には、弘一朗は株式会社ニュートンスクエアの共同代表取締役に就任していた。 そればかりか、実質、会社オーナーとして統治していた。 しかしそれは、弘一朗が強権によって手にした訳では無い。

この記事を読む

第4章:親子の関係(小説「悔恨」)

井川純二は会社設立の為の資本金一千万円を、両親から借りていた。 借りたというより、御祝い金として頂戴したというほうがしっくりくるかもしれない。 なんといっても大金持ちだ。

この記事を読む

第3章:変化(小説「悔恨」)

「やばいよ。庇いきれない。どうするつもりだ。」 鏡は慌てた様子で弘一朗に電話を入れた。

この記事を読む

第2章:友情(小説「悔恨」)

「これからもよろしく頼むね、谷中君。」 「いろいろあったけど取りあえず乗り切った。これからは慎重に進めていかないかんばい。 資金管理は俺がするから、あんたは取引先との信頼回復が急務やけんね。」 生まれも育ちも博多。生粋の […]

この記事を読む

特集

カテゴリー

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus