2019年10月20日、にしてつ電車まつり2019が開催。電車の解体ショーや車掌体験

例年、西鉄の筑紫車両基地で開催される「にしてつ電車まつり」。2019年は10月20日(日)に開催されます。例年同様の運転台体験コーナーや車両洗浄体験、工場見学の他、今年は「電車解体ショーや電車部品販売」も行われるようです。

電車好き、西鉄好きな方が多く集まる、にしてつ電車まつり。今年のインベント内容等をチェックしておきましょう!

にしてつ電車まつり2019年の開催概要(第26回)

日程 2019(令和元)年10月20日(日)10時〜16時
※雨天決行・荒天中止
会場 西鉄 天神大牟田線 筑紫車両基地
交通アクセス 天神大牟田線 筑紫駅下車
(無料送迎バスあり)
内容 筑紫工場の開放
車両の展示
・太宰府観光列車「旅人」
・柳川観光列車 「水都」
車両部品販売(10時〜12時)
電車解体ショー(13時〜15時)
・5000形5505号車の車両部品をその場で係員が解体。販売・オークション
はたらく車ショー
・消防車両,パトカー,白バイなどの車両展示.
スタンプラリー(小学生以下対象,限定2000名)
・筑紫駅スタート.スタンプ台紙は筑紫駅でのみ配布します.
3000形をモチーフにしたミニ電車の運行
記念撮影コーナー
運転台体験コーナー(当日整理券配布)
オリジナルグッズの販売
西鉄電車パネル・ジオラマ展示
車内から見る洗浄体験コーナー(当日整理券配布)
踏切非常押しボタン体験
車掌体験コーナー(要事前応募)

 

今年の目玉は電車の解体ショー&車掌体験

イベント内容の大部分は例年通りなのですが、第26回目の目玉は解体ショーですね。

イベントでは5505号車の車両部品をその場で係員が解体し、販売・オークションを行います。ここでしか手に入らない部品の数々や普段は見ることのできない解体の様子をぜひお楽しみください。

2018年にしてつ電車まつりでは、西鉄バスの解体ショーがありましたが、今年は電車です。いろいろなものが売り出されますので、興味のある方はどうぞ。

※要当日持ち帰りだそうです。

車掌体験は事前応募が必要

車掌体験希望と明記の上、郵便番号・住所・電話番号・子供及び保護者氏名(ふりがな必須)記入後、9月27日(金・当日消印有効)までに宛 先「にしてつ電車まつり運営事務局」/〒810-8570 福岡市中央区天神一丁目11番17号まで送付してください。
当選者には、10月5日(土)までに参加チケットを郵送いたします。

 

にしてつ電車まつりの楽しみ方

西鉄電車で筑紫駅に向かいましょう。当日は車はつかえません。

小学生以下の方はスタンプラリーに参加することでき、その台紙が筑紫駅で配られているので対象者の方は忘れずに受け取るようにしてください。駅を出ると、筑紫車両基地までの無料シャトルバスが出ています。帰りも使えますので便利です。

10時開場ですが、時間前から並ばれています。

  • 車内から見る洗浄体験コーナー
  • 運転台体験コーナー

こちらのイベントは当日整理券配布となっており、早い時間に無くなってしまいます。この二つを体験したいというのであれば、開場前の時間に行くべきですね。

他に並ぶのは、電車との記念撮影コーナーでしょうか。撮影してくれて100円を払えば缶バッジにもしてくれます。

そのほかのコーナーについては順々に回っていく感じでしょうか。車両整備工場の中はスタンプラリーのスタンプを押すところもありますので、ラリー台紙をお持ちの方は忘れずにチェックしてください。

筑紫車両基地

去年の“にしてつ電車まつり”の記事

2018年のにしてつ電車まつりの案内記事です。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集

カテゴリー

  • PR

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus