2020年秋 JR九州の新観光列車 36ぷらす3 全席グリーンでビュッフェ付き

公共・交通機関福岡の公共交通機関
2019年11月22日 金曜日

JR九州が2020年秋に運行を開始する新しい観光列車「36ぷらす3」を発表しました。現在「かもめ」「にちりん」などとして運行している787系電車を改造した6両編成。

全席グリーン席でブッフェも用意。木曜日に博多駅を出発して5つのルートで九州を1周します。クルーズトレインの「ななつ星」に比べてリーズナブルな料金で九州周遊が可能な観光列車となりそうです。

変な名前?36ぷらす3って何?

36という数字は世界における九州という島のサイズのランキングなのだそうです。世界で36番目に大きな島なのですね。それに「ぷらす3」というのは「お客様、地域の皆様、私たち」で合計して39(サンキュー)になるというお話なのだそうです。

コンセプトは「九州の全てが、ぎゅーっと詰まった”走る九州”といえる列車

 

787系特急電車を改造、デザインは水戸岡鋭治氏

JR九州では初となる、電車によるD&S列車です。 1992年デビューの特急「つばめ」を皮切りに、現在も特急「かもめ」「にちりん」など 九州各地で活躍している787系電車が、D&S列車として九州各地を飛び回ります! かつて人気を博した“ビュッフェ”も復活します。

36ぷらす3(36+3)は1992年に「特急つばめ」としてデビューした787系電車を改造して作られます。今ではJR九州といえば水戸岡鋭治デザインですが、この787系電車が初めて設計からかかわった電車です。

定員100名程度の全席グリーン車。ビュッフェ車両を連結しています。

  • 木曜日:博多→熊本→鹿児島中央
  • 金曜日:鹿児島中央→宮崎
  • 土曜日:宮崎・宮崎空港→大分・別府
  • 日曜日:大分・別府→門司港→小倉→博多
  • 月曜日:博多→佐賀→長崎→佐賀→博多

というプランで九州を周遊します。

なお、全日乗車する必要があるわけでなく、門司港以外の上記の各駅で乗り降りが可能なので、一部区間での部分乗車も可能です。

宿泊設備は無し、日中運行のみ

九州を周遊する電車となりますが、夜間運行はしません。そのため、宿泊設備はありませんし、シャワールームなどもありません。

ビュッフェが復活?

787系つばめには1992年(平成4年)~2003年(平成15年)の間、ビュッフェ車両があり、軽食が提供されていました。九州新幹線の部分開業の際に廃止になったという経緯があります。

そういった中で787系を改造する「36ぷらす3」でブッフェが復活するというのは往年の鉄道ファンにとって感慨深いものがあります。

 

36ぷらす3の運行開始が楽しみ

まだ、情報が出そろっているわけではなく、これからの情報も多いのですが、運行開始が楽しみですね。サンキュー!


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集

カテゴリー

  • PR

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus