竈門神社は多くの花見客が訪れる人気の桜スポット!

竈門神社花見

太宰府市は宝満山のふもとにたたずむ「竈門神社」は約60本のソメイヨシノやヤマザクラが美しく咲き誇る、お花見のスポットになっています。

竈門神社の桜

古くから、神の宿る山として崇められた宝満山のふもとに祀られ、平安時代に、唐に留学する最澄が渡航の安全を祈った場所としても知られる神社。春先には約60本のソメイヨシノやヤマザクラが美しく咲き誇る、お花見のスポットにもなっています。鳥居から社殿まで、150mほどの石段の両側にある桜の木は、満開時には見事な花のトンネルができ、例年多くのお花見客が訪れ賑わいを見せます。

竈門神社のライトアップとさくら祭り

3月24日〜4月2日の期間中、竈門神社では桜のライトアップが楽しめます。また、4月1日と2日の二日間は神様と共に春を愛でる「さくら祭り」が開催されます。ミニコンサートや本格釜戸ピザ、お花見団子、手作りパン、ロゼワインなどを桜と共に楽しめます。

竈門神社の桜情報

見頃 3月下旬~4月上旬
さくらの本数 約60本
場所 福岡県太宰府市内山883
アクセス 【バス】西鉄大宰府駅より、コミュニティバス「まほろば号」内山行き10分乗車、終点下車ですぐ。
お問い合わせ先 竈門神社
TEL:092-922-4106

竈門神社の地図

福岡県太宰府市内山883

#この記事に付けられたタグ


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集