福岡小説記事一覧

第2章:友情(小説「悔恨」)

「これからもよろしく頼むね、谷中君。」 「いろいろあったけど取りあえず乗り切った。これからは慎重に進めていかないかんばい。 資金管理は俺がするから、あんたは取引先との信頼回復が急務やけんね。」 生まれも育ちも博多。生粋の […]

この記事を読む

第1章:ひかり(小説「悔恨」)

『もう終わりかな。』 蒸し暑い7月の、眩しいひかりが差し込む午後だった。 弘一朗は大きなため息と一緒に吐き出すように呟いた。 頭もひどく痛む。

この記事を読む



「福岡小説」カテゴリのランキング

まだデータがありません。

特集

カテゴリー

  • PR

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus