Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tokunavi/i-fukuoka.jp/public_html/wp-content/themes/tokunavi/single-blog.php on line 1
焼肉 玄風館平尾店 | とくなび福岡

焼肉 玄風館平尾店

グルメグルメブログ  
2017年6月8日 木曜日

24年前に玄風館千代店に連れて行ってもらった衝撃は今も鮮明。

汚い(汚い、ぼろい焼肉屋さんには慣れていました。)と云うことなんて吹き飛ぶ衝撃的な旨さでした。

その後に通い出したのが玄風館長浜店、随分と綺麗な店内に少し戸惑いました。

その後は小戸店などを経験してここ十年以上はずっと平尾店に落ち着いている私です。

最近という訳では無いですが、ここ十年くらいの玄風館さんの凄まじい勢いには全くついて行けていません。

大名にホルモンを美味しく食べさせる系列店が出来た頃から私にはもう遠い存在です。

東京進出、海外出店、他多数・・・・・。

千代店の創業者の方のお子さんがそれぞれの店舗をそれぞれに切り盛りされていると云うところくらいで私の情報は止まっています。

まぁ、なんであれ旨い焼肉が列に並ばずに食べれたらそれだけで私は満足ですが。

~定番メニューで攻める~

シンプルなメニュー好きです。

シャトーブリアンや、カイノミ、ザブトンありません。

薄切り肉のすき焼き風、熟成厚切りタンいりませんそんなもの。

歴史あるタレを絡めた上質なカルビとロースを頂きましょう。

あと、テールスープは忘れずに注文しましょう。

初めに出てくるナムルセットは慌てずにゆっくり食べましょう。

途中、チシャをオーダーしてごはんに疲れた胃を休めます。

シャキシャキのチシャに巻かれた濃厚なお肉もまた格別です。

~黒こげの極太網がお肉をさらに旨くする~

店内がそれほど混んでいなければ店員さんに頼んでこまめに網を変えて貰いましょう。

最近では使い捨ての薄い網を使用しているお店もありますが、私はそれを見ただけでがっかりしてしまいます。

たしかにたわしでこすり洗う事を考えれば、使い捨ての網の方がどれだけ使い勝手が良いかは理解出来ますが、あのペラペラな網では美味しいお肉は焼けません。

玄風館に伺い、着座してその黒く焦げたよじれた網を見る度に食欲が湧いてきます。

~甘いタレを持って来てもらいましょう~

基本のお肉を注文する際に辛さはどうしますか?と聞かれます。

普通で。と回答するのがいいかと思います。

普通と云うのは玄風館のベーシックと云うことですので普通に辛いタレに浸かったお肉が出てきます。

それよりも辛いのを希望するときに辛めでとか、そもそも辛いタレが好みで無いなら甘めでと伝えてください。

さぁ、お肉が焼きあがった後のことです。

私の気のせいかもしれませんが、昔は常時テーブルに置いてあったネギやゴマがたくさん入った甘いつけダレは今では店員さんにお願いしないと持って来て貰えません。

福岡の方にはあまりお見受けしませんが、他県から来られた方などは焼きあがったお肉をそのままお口に運んでおられます。

それはそれで美味しいでしょうが、私は辛辛に焼きあがったお肉にその甘いつけダレをたっぷり絡めて食べることをお勧めします。

何度食べても飽きない玄風館の焼肉。

歴史ある福岡の誇るべき名店です。

~店舗情報~

住所/福岡県福岡市中央区平尾3-10-9 2F
TEL/092-523-0335
定休日/月曜日
営業時間/17:00~23:00 ラストオーダー22:30
カード/不可
喫煙/全席可
座席/テーブル席(掘りごたつあり)7テーブル(別室有)

福岡県福岡市中央区平尾3-10-9

特集

カテゴリー

  • PR

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus