ハワイアン航空 福岡-ホノルル線を2019年11月に直行便就航(再開)を予定

公共・交通機関福岡の公共交通機関
2019年5月8日 水曜日

ハワイアン航空は当局による承認を条件に、早ければ2019年11月に福岡-ホノルルの直行便路線を就航すると発表しました。福岡空港とホノルル(ダニエル・K・イノウエ国際空港)とを週に4便運航することを計画しているそうです。

福岡空港とハワイを結ぶ直行便はデルタ航空の路線がありましたが、こちら本日(5月8日)を最後に撤退することになっていて、ハワイアン航空が就航すれば、空白期間はあるものの、福岡-ハワイの直行便は維持されることになりますね。

再開が最短で11月になるわけなので、夏休みには間に合わない感じですが、福岡のハワイ好きの方には大朗報ですね。

ハワイアン航空の福岡-ホノルル路線は2014年6月以来の“復活”

ハワイアン航空は2012年4月~2014年6月までの期間で福岡-ホノルル線を運臆しておりましたが、需要増が見込めないとして運休していた状況でした。

ここにきて、デルタ航空が福岡-ホノルルから撤退することになったため、福岡からハワイに行ける直行便が無くなることになっていました。どうやらデルタ航空の撤退表明を受けて、福岡県や福岡国際空港(空港運営会社)がハワイアン航空に就航を打診していたようで、今回の表明となりました。

以下、ハワイアン航空のプレスリリースの一部抜粋

ハワイアン航空のグローバルセールス&アライアンス上級副社長テオ・パナジオトゥリアスは、以下のように述べています。 「福岡のみならず九州全土からのお客様を、ハワイのホスピタリティあふれるサービスと便利な直行便でハワイにお連れしたいと熱望しています。日本はハワイの人々やハワイにとって特別な場所であり、お客様が日本とハワイ双方から更にアクセスしやすくなることを楽しみにしています。」

福岡-ホノルル線には、広々として快適なエアバスA330型機を使用します。機内には、2-2-2の配置で、レザーを採用したフルフラットシートのプレミアムキャビン(ビジネスクラス)を18席ご用意し、カップルやご家族、ハネムーナーはもちろん、出張に向かうお客様にも機能性の高いフライトをご提供します。また、足元が広く、専用アメニティもご提供する「エクストラ・コンフォート」が68席、メインキャビン(エコノミークラス)が192席あります。いずれのクラスにおいても、ハワイを代表するト ップシェフが監修するハワイをテーマにした機内食など、受賞歴もあるハワイアン航空ならではのおもてなしを体験いただけます。

認可という条件はありますが、福岡-ホノルルの路線がまったくなくなるわけではないというのは福岡在住のハワイ好きの方にとっては朗報といえますね。

ちなみに、ハワイアン航空は2018年9月にJAL(日本航空)とマイレージプログラムで提携しており、JALマイレージバンク(JMB)会員とハワイアン航空のHawaiianMiles会員はマイル積算や特典航空券の交換が可能となっています。


特集

カテゴリー

  • PR

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus