シャンプーの基本

美容ヘアケア情報
2016年9月23日 金曜日

ヘアケア・トリートメントに関する情報をお届けします。より効果的なシャンプーの方法などシャンプーのポイントや、良いシャンプーの選び方、シャンプー使用量のポイントなど、シャンプーの基本について紹介します。

シャンプーの基本

シャンプーのポイント

  1. 一回の使用量はできるだけ少量にする。
  2. シャンプーを直接頭皮につけないようにする。
  3. 事前に髪を水で濡らし、シャンプー剤を髪につけ泡立ててから頭皮を洗浄する。
  4. 頭皮は爪を立てたり強くこすったりせず、指の腹でマッサージをしながら洗う。
  5. シャンプーが頭皮に残らないように時間をかけて充分に洗い流す。
  6. 髪の健康のためになるべく毎日シャンプーを行なう。

シャンプーの選び方

  1. 自分の頭皮の性質や、毛髪の状態を把握しておく。
  2. 主成分である界面活性剤の種類を確認する。
  3. 頭皮、毛髪、眼等に負担の少ない、出来るだけ添加物の少ない成分のもの。
  4. 適度な洗浄力を持ち、きしみが少ないもの。
  5. 泡立ちが良く、きめが細かいもの。
  6. 泡切れが良いもの。
  7. 指通りが良いもの。
  8. パーマやヘアカラーを長持ちさせるには、phコントロールの高いシャンプーを使う方が良い。
  9. スカルプケアの場合は、天然アミノ酸系やマイルドなシャンプーを選ぶ。
  10. 汚れが特にひどい時は石けん系シャンプーを使う。

使用量のポイント

  1. シャンプーは髪と頭皮全体に十分に行き渡り、泡が立つ程度で、コンディショナーは、すすいだ状態で髪全体に行き渡るのに足りる程度。
  2. 目安として
    あご~肩(ミディアム)の長さ・・・約6g(ポンプ2押し程度)
    肩~脇の下(セミロングヘア)の長さ・・・約10g(ポンプ3押し程度)
    ※ポンプ1押し(約3g)は、500円硬貨大が目安。
  3. シャンプーやコンディショナーの適量は、髪の長さや量、髪や頭皮の汚れ具合によって異なるので、シャンプーの泡立ちやコンディショナーのいき渡る具合を見て、量を調整してみましょう。

投稿者のプロフィール

最新の投稿

「美容」カテゴリのランキング

特集