九州福岡おみやげグランプリ2018 明太子部門ランキング

西日本新聞社が主催した九州福岡の名産品を発掘し新たな土産物として発信する「九州福岡おみやげグランプリ」が決定しました。

福岡土産といえば明太子ですね。

そんな激選の明太子部門を制した商品を紹介します。

・めんたい松前漬(九州丸一食品)

博多駅、小倉駅の駅構内売店限定商品です。

北海道名物【松前漬】に博多名物の【辛子明太子】を加え博多発の新珍味を作りました。

辛子明太子の切子に数の子、いか刺し、にんじん、ゆず、めかぶを和えており、クセがなく、さっぱりとした味わいはあったかいご飯にはもちろん、酒の肴にも最適です。

海の幸がたくさん入っておりますので、海産物がお好きな方には必見商品です!

 

・めんツナかんかん(ふくや)

良質な国産のびん長まぐろを使用し、「味の明太子レギュラー」の調味液をなじませたピリ辛味で、控えめな油で仕上げました。しっかりとした肉質のツナに、明太子のうま味が重なり、あとからくるピリッとした辛さが絶妙の一品です。業界初の明太子味のツナ缶。ご飯にもパンにもサラダにも何でもピッタリで、料理の幅が広がります。また常温で3年日持ちがするので、家庭の常備品としても、おみやげにも最適です。

 

・めんべい(山口油屋福太郎)

めんべいは、お客様が買いやすい明太子のお土産ができないか、考えた末に誕生したお菓子です。日持ちがして軽く、ボリューム感があり価格が安い、これが消費者に喜ばれました。せんべいに明太子と魚介を直接練り込む、こだわりの製法により、奥深い味わいに仕上げています。噛むほどに旨味がでるやみつきになる美味しさです。お子さまからご年配の方まで、おやつやビールのおつまみにもぴったりです。

 

・糸島めんたい「可也山」(アジアン・マーケット)

「高い明太子なんてどれも一緒でしょ?」いいえ、違います!「㈱やますえ」と他社の明太子との違いは大きく2点!【①明太子の粒の大きさ】社長自ら見極め買い付けに行く原卵は、一粒一粒が大きいから切った断面の見栄えが良く、食べると粒の歯ごたえがしっかりと楽しめます。

差し上げた方に「立派な明太子だね!」と喜んで頂けます。【②漬け込み液の材料】創業から129年「カノオ醤油」の醤油と、創業から163年「白糸酒造」の、数多ある日本酒の中から明太子に合うただ1本を厳選し、まさにこれだ!と確信したお酒を使用しているのが秘訣。更に漬け込み液の添加物を必要最小限に留めているから、にごりのない味なんです。【やますえの明太子は糸島育ち】移住や観光で東京・大阪・メディアからも人気沸騰中の糸島の商品は、県外の方からも喜ばれること間違いなしです。

福岡土産の定番・明太子を選ぶなら、「㈱やますえ」で決まり!

 

・化粧箱入り 辛子明太子(稚加榮)

料亭のお客様の声から生まれた辛子明太子。和食の職人が素材から製法、盛り付けにこだわり、料亭の名に恥じない“和食の一品としての辛子明太子”を完成させました。稚加榮の辛子明太子の為だけに造られる九州の酒蔵の日本酒をベースに枕崎のかつお節、最も辛いとされる「本鷹の爪」の一味唐辛子を合わせた「だしの風味」と卵本来の旨味を味わって頂きたいです。

 

・美味博多織 無着色明太子(やまやコミュニケーションズ)

やまやの辛子明太子は、原料から一貫した自社製造にこだわった創業時から変わらない厳選された素材、柚子・唐辛子・羅臼昆布・お酒を使用した「匠のたれ」に168時間じっくり漬込んだ深いコク味でまろやかな辛さの辛子明太子です。

美味博多織 無着色明太子は九州限定の商品で、こちらの商品には「匠のたれ」も付いているので辛さとコク味の調整が楽しめます。パッケージも博多らしくオリジナルの博多織をあしらって紐掛けしたもので九州のお土産にピッタリの商品です。

 

明太子は福岡の味!?

こうして受賞した商品を見て行くと、ほとんどの商品を見たり味わったりしている自分に気が付きました。

以前投稿した記事に、福岡人は他県民が思うほど明太子を食べない!と断言した私ですが、ふと考えさせられました。

 

毎日食べないまでも、明太子はやはり福岡・福岡民の文化として根付いていることを再確認できたいい機会となりました。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集