福岡銀行のスマホ決済 YOKA!Pay(よかペイ)とは何か?福銀のアプリ決済を解説

最近、よく使われるようになった“キャッシュレス”という言葉。現金ではなくクレジットカードや電子マネーなどで支払いをするという支払い手段ですが、福岡銀行が新しい決済サービスのYOKA!Pay(よかペイ)というサービスを開始しています。

先日、屋台でのキャンペーンがすごい!と紹介した「LINE Pay」のように日々新しいキャッシュレス決済サービスが登場していますが、福銀の「YOKA!Pay(よかペイ)」とはいったいどんなサービスなのでしょうか?

YOKA!Pay(よかペイ)は福銀口座直結のキャッシュレス決済アプリ

YOKA!Pay(よかペイ)はスマートフォン(iPhone / Android)の端末にアプリをインストールして実際のお店で決済に利用することができるアプリ決済サービスです。

YOKA!Pay(よかペイ)を利用するには、アプリをスマホにインストールしたうえで、福岡銀行の口座とアプリを連携させる必要があります。

そして、実際にキャッシュレス決済を行うと即時に福岡銀行の普通預金口座から利用料金が即時出金されます。仕組み的には「デビットカード」にちかいサービス内容ですね。

参考:デビットカードとは(金融用語辞典)

ちなみに、福岡銀行は「福岡銀行デビットプラス」というブランドデビットカードもは行しています。

 

YOKA!Pay(よかペイ)はどこで使える?

決済サービスとしては、YOKA!Pay(よかペイ)の利用に対応した小売店などで利用することができます。2018年現在では

などが対応しています。

ちなみに、YOKA!Pay(よかペイ)は銀行Payという基盤システムに対応しており、横幅銀行が提供している「はまPay」の加盟店などとも相互利用が可能となっています。今後も、ゆうちょ銀行なども同種のサービスを展開する予定なので利用店舗は少しずつ増えていくかと思います。

なお、加盟店募集要項を確認しましたが、決済手数料の金額などが提示されていない(要問合せ)などとあまり親切ではないな……と感じました。

  • 初回契約料(お取り扱い件数や業種等により異なります。)
  • 決済手数料(お取り扱い件数や業種等により異なります。)

実際のところ、どの程度の手数料率なのかは不明ですが、加盟店サイドの目線では急いで導入するほどではないような気がします。まだ、キャッシュレス決済を導入していないのであれば、それより先に「モバイル決済サービス」などで、大手クレジットカードや電子マネーの決済を先に導入するほうが先決のような気がします。

参考:モバイル決済サービスを比較

 

YOKA!Pay(よかペイ)を使うユーザーのメリット、デメリット

話が事業者サイドにずれてしまいましたね……。利用者の話に戻します。

YOKA!Payの強みは、福岡銀行口座と連携することで、事前チャージなど不要で口座残高の範囲で手軽に買い物ができる点があります。

また、YOKA!Pay加盟店が発行しているクーポンなどを利用できる機能もアプリにセットされているのでクーポンを手軽にゲットできます。

一方で、ユーザーに対するポイント還元のようなものは今のところ用意されていません

たとえば、クレジットカードや電子マネーでお買い物をする場合、決済金額の0.5%~1%程度のポイントがもらえるのが一般的ですが、そうしたポイント還元の仕組みはありません。

手軽な支払いは可能かもしれませんが、使う側からすれば、お得な決済方法であるとは言えない感じがしますね。

もちろん、YOKA!Pay(よかペイ)をはじめとした銀行Pay自体がまだスタートしたばかりであり、今後のサービス拡大によって、色々な付加サービスがでてくる可能性はあります。


投稿者のプロフィール

最新の投稿

特集

カテゴリー

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus