スーパーセンタートライアル アイランドシティ店は日本初のサービスで堂々オープン

2018年2月14日に“スーパーセンタートライアル アイランドシティ店”がオープンしました。

全国に212店舗を展開する福岡が本社の流通の新勢力ですね。

毎日お値打ち商品で大人気のトライアルですが、今回の新店には他にはない大きな違いがあります。

今回はその辺を探ってみましょう。

日本初となるスマートレジ導入の最先端スーパー

“スーパーセンタートライアル アイランドシティ店”で日本初導入となるスマートレジとはどのようなサービスなのでしょうか?

 

お客様の便利を追求したスマートレジカート

スマートレジカートを使う事でレジ待ちすること無くで買い物ができます。

これはお子さんを連れたママさんには本当にうれしいサービスですね。

日本初導入ということですので、簡単にスマートレジカートについて説明いたします。

このスマートレジカートとは、ショッピングカート自体にセルフレジ機能が搭載されています。

そしてこのサービスを使用するにあたって幾つかの準備が必要になります。

  • ・TRIALプリペイドカードを作成する(入会費・年会費無料)
  • セルフレジサービスカウンターでチャージする
  • レジカートにプリペイドカードをスキャンする

 

ここまでで準備は完了です。後は買い物をするだけですが、ここでの手順も簡単に説明いたします。

  • レジカートに商品をスキャンして入れるだけ
  • 会計レーンで会計ボタンを押す

これだけで会計が終了しますよ。

ちなみにスマートレジカートの利用時間は午前9時~20時までとなっていますのでご注意ください。

また、このスマートレジカートの画面上には、お得なクーポンなどが表示されますのでうれしい特典があるかも知れません。

さらには、レコメンド機能も実装しているので、スマートレジカートがオススメ商品を提案してくれたりもしますよ。

 

店内に配置されたスマートカメラ700台でどう変わる?

こちらの“スーパーセンタートライアル アイランドシティ店”に導入された日本初はスマートレジカートだけではありません。

もう一つ、“スマートカメラ”が700台も設置されています。

 

この内100台は来客の属性と行動を分析、残る600台は商品棚の商品陳列、商品接触を分析するとのことです。

来客の行動分析には十分なプライバシーの保護を前提としているとのことですが、監視されているようで嫌な気分になる方も居るかも知れませんね。

まあ、スーパーで買い物するだけですから、何か悪いことでもしない限り見られて困る事も無いわけですが・・・。

今後の国民総監視カメラ時代に備えるにはちょうどいいかも知れませんね・・・。

さて、残る600台のスマートカメラの働きにより、消費者の利便性を増すような快適な売場作りに一役買うか?それとも過剰な設備投資となるか?

いずれにしても楽しみな試みですね。

 

店舗概要

店舗名/スーパーセンタートライアル アイランドシティ店

住所/ 〒813-0017 福岡県福岡市東区香椎照葉5丁目2-23

TEL/ 0120-033-559

営業時間/ 24時間

レジカート利用時間/9:00~21:00

ドラッグコーナー/9:00~21:00

定休日 /不定休

交通アクセス/JR香椎線 雁ノ巣駅 車7分/JR香椎線 香椎駅 車12分

駐車場台数/約350台

福岡県福岡市東区香椎照葉5-2-23

 

利便性と人とのコミュニケーション、今後の私達の生活は・・・

このような最新機器の設置により、労働者の聖域が奪われて行くのでしょうか?

24時間営業のお店の人手不足は以前より聞こえてくる話ですが、今回のようなスマートレジカートやスマートカメラが当たり前になってくると、主婦のパート仕事の代表であるスーパーのレジ仕事などが無くなって行くことは確実です。

生活の利便性や、ワークバランスの上手な活用など私達に残される課題はまだまだ山積みですね。

人との繋がりを楽しみにされている年配のご老人や、時間に追われる主婦など多種多様な消費者に向き合うために流通業界も必至なのでしょうね。

まあ、今回は24時間営業の素敵なお店がオープンしたという事で、色々な問題点や小言は封印して、買い物を十分に楽しんでほしいと思います。

普段から魅力的な商品を魅力的な価格で販売しているトライアルです。

開店のうれしい特典がたくさん準備されているかも知れませんよ。

来店された際は、せっかくならスマートレジカートを試してみてはいかがですか?


特集