福岡県 おらが町のソウルフード知ってるか?福岡の愛される地元メシとは?

グルメ福岡名物・郷土料理
2017年12月6日 水曜日

どこの町にも、そしてどなたにもある思い出の味。

今日はそんな思い出の味の中から、他の人は知らないけれど、地元の方ならどなたでも知っていると言う福岡県のソウルフードを特集します。

大牟田市の地元メシ「洋風カツ丼」

かつては松屋デパートで賑わいを魅せた大牟田市。

その松屋デパートの食堂で一番人気だった「洋風カツ丼」が最近密かに復活を遂げたらしいとの噂をキャッチしました。

 

大牟田 「洋風カツ丼」の定義とは?

  1. ご飯とカツ
    白いご飯の上にカツを直接乗せます。
  2. ソース
    とろみのあるソースを使用します。市販のソースをアレンジせずに利用することはありません。
  3. フォーク
    昔ながらの雰囲気とともに味わって頂くため、フォークでお召し上がり頂くことが基本です。

どうです?

揚げたてのカツをとろとろの餡ソースで頂くなんて、聞いているだけでヨダレが出てきそうですね。ちなみに福岡市内在住の私は今の今まで「洋風カツ丼」なるモノの存在を知りませんでした。

 

大牟田「洋風カツ丼」の補足情報

 3年ほど前に一度「洋風カツ丼」で盛り上がりを見せた大牟田市です。

今回、新たに「洋風カツ丼」が密かな話題に上っているのかはわかりませんが、3年前からの地元住民、商工会議所等の頑張りが定着してきた成果かも知れませんね。

ちなみに大牟田市で「洋風カツ丼」を頂ける飲食店は30件を超えていますよ。

これはもう完全なるソウルフード認定で良いでしょう!

 

飯塚市の地元メシ「ホットドッグ吉河」

20年以上の常連客なんて当たり前、創業は50年以上の老舗なんです。

カリカリのパンにシャキシャキのお野菜、全体を覆うカレーにやられちゃいます。

「ホットドッグ吉河」に来たらみなさんこれを注文、その名も“カレーサラダ”300円です。

フランス料理をベースに研究を重ね、おいしいホットドッグが完成したとのことです。

ちなみに・・・・私はこの「ホットドッグ吉河」も、知りませんでした。

まさに地元民だけが知る、地元メシです。

店名/ホットドッグ吉河
住所/福岡県飯塚市仁保20-2
TEL/0948-82-1742
営業時間/10:00~20:00 土・日・祝は22:00まで
定休日/月曜日 祝日の場合は翌日

 

柳川市の地元メシ「仔馬」のお好み焼き

開店以来かわらない味で、親から子へとお客さんが引き継がれて行く。

そんなお店です。

こういった地元メシの定番なのかも知れませんが、昔から中学生や高校生がお腹を空かせて店に来ると言う事から“お腹いっぱい食べてほしい”との思いでお店を続けているとか・・・。

店主のその想いがカタチになって表れています。

その衝撃のカタチとは・・・・・。

 

柳川市の地元メシ「仔馬」その特徴的なメニューとは?

肉肉400円/肉肉肉450円/肉肉大450円/肉大大450円/肉大大大500円/肉肉肉玉玉550円/肉肉肉玉大550円/肉肉肉大大大600円

もはやちょっと意味わかんない・・・。

さらに“エビエビエビコーンコーン”などと自ら勝手にオーダを作ってしまう人も大勢いるとか・・・・もはやちょっと何言ってるかわかんない・・・。

お皿からはみ出る大大大。

どれも見た目は変わらないようですので写真掲載は控えておきます。

行って観てのお楽しみという事で取っておいてください。

 店名/仔馬
住所/福岡県柳川市三橋町久末831
TEL/0944-72-8008
営業時間/11:00~19:00
定休日/月・木

 

まだまだあるぞ!地方に埋もれた地元メシ

今回ご紹介したいずれも、私は知りませんでした。

しかし、地元では誰もが知る“愛すべき地元メシ”です。

普段は福岡市内や北九州市などの、都心部での紹介が多い私ですが、今後は、隠れた地元の“愛すべき地元メシ”を全国にどんどんPRしていけたらと思っています。

みなさんも、誰もが知っていると思って食べている目の前の“それ”!知っているのは地元の人だけかも知れませんよ。

#この記事に付けられたタグ


「グルメ」カテゴリのランキング

特集