隠れた博多の名物「博多餃子」の一度は行っていただきたいナンバーワンのお店

グルメ福岡名物・郷土料理福岡餃子情報
2017年11月14日 火曜日

今更、餃子?

そう思われた方もたくさんいることでしょう。

福岡が餃子名産県としての地位を確立していることはもはや間違いないでしょう。

数々のグルメが人気の福岡では、宇都宮や浜松のように特段餃子に熱を入れるという事は無かっただけで、「鉄なべ」発祥の北九州市、一口餃子の博多とその存在感は抜群です。

福岡に餃子のお店はどのくらいある?

 福岡博多グルメといえばもつ鍋・明太子・とんこつラーメンなどなど・・・。

あるデータによると人口における店舗数の割合ではもつ鍋は堂々1位。

これはまぁ、納得の数字ですね。

お次は、ラーメン!意外かそうでないか、ラーメン店は全国3位(1位は新潟県)。

そして餃子はといえば、意外や意外なんと全国2位なのです。

ちなみに1位は静岡の浜松市でした。

 

おいしい餃子屋ランキングなんてありふれている

「博多 餃子 おいしい ランキング」などと検索したら出るわ、出るわ。

時には違った視点で餃子を見てもいいのではないでしょうか?今回は私の独断と偏見によるNO1のお店を紹介します。

 

数ある屋台の中で餃子人気NO1は「手作り餃子の武ちゃん」

博多在住の人間は滅多に屋台の餃子を食べに行きません。

その屋台にあって「最高にうまい」と評判なのが「手作り餃子の武ちゃん」です。

70歳になる大将がつくる餃子は絶品。

伝統の一口餃子で、少し辛口の大将もお酒のつまみだと思ってください。

豆知識ですが、芸能人が一番多く訪れる屋台としても有名です。

 

博多最古の餃子店 「宝雲亭」

現在では3代目となる大将が餃子を焼いてくれます。

宝雲亭の初代が満州で食べた餃子の味が忘れられずに、試行錯誤の末、餃子の提供を始めたのが昭和24年。

その時食べた餃子は水餃子だったようで、焼餃子に辿り着くまでに大変苦労したようです。

今から68年前のことです。

創業時よりほとんど変わらぬ具材で、おいしい餃子を提供しています。

この宝雲亭の餃子の特徴はニンニクを使わないこと。

毎日1000ケ以上のオーダーが入る人気のお店です。

福岡市博多区中洲2丁目 092-281-7452

 

ここに戻って来たかった!懐かしまれる餃子屋 「旭軒 春吉店 」

 カウンターで10席しかない餃子屋さんです。

同族経営で3店舗運営していますが、一番の人気は春吉店のようです。

ここでいう人気とは、“また女将さんに会いに来たくなる”ランキングです。

餃子を焼き始めて58年の女将さんに会いに行くためにお客さんが訪れます。

数十年ぶりに訪れて涙を流すお客さんも少なくないようです。

やはり、歴史の重みと人情に勝るものはないのかもしれませんね。

福岡市中央区春吉2丁目 092-761-3819

 

博多餃子の知名度では全国NO1 「鉄なべ餃子」

 鉄なべ餃子の発祥はもともと北九州の八幡です。

そこで修行経験のある姉妹が福岡市でそれぞれに開業しました。

中洲店と荒江店が姉妹です。

鉄なべのなかでも一番お客が多いと思われる祇園のお店もその親族です。

 

県外からの進出組一番の人気店は 「餃子屋 弐の弐」で決まり

現在福岡市内に5店舗展開中で、そのどのお店も繁盛しているのが「餃子屋 弐の弐」。

熊本から進出してきた勝ち組です。

ハッピーアワー”と名付けた半額サービス(17時から18時30分 餃子・生ビール半額)が博多の人々に受け、今では完全に定着しています。

早い時間にお客さんで満席になると、それにつられるように行列が出来るようです。

商売上手NO1とも言えますね。

県外からのお店にお客さんが続々と入って行く様子は、博多大好き人間としては少しさびしい思いですが、さすがの商売上手を讃えるしかありません。

参考: コスパ良し!でリーズナブルな中華は弐ノ弐(にのに)

ちなみに県外組では大阪から進出の「チャオチャオ」現在福岡に2店舗なども、虎視眈々とその地位を固めようとしていますよ。

 

新しい地位を確立した一口餃子の名店「池田商店」

 驚異のリピーターで新しい餃子の形を確立!“炊き餃子”の池田商店。

グツグツに炊かれた餃子はスープとの相性抜群。

あつあつの餃子ですが、一口で食べて頂きたいとお店の方は仰います。

「その為に、一口餃子にしています!」とのことで、こちらも博多一口餃子なのです。

めんたい、ラーメン、炊き餃子を合言葉に博多に新しい風を吹き込みました。

「炊き餃子」提供から早14年、今では新ジャンルの餃子NO1で間違いないでしょう。

福岡市中央区大宮2丁目 092-534-6780

 

いかがだったでしょうか?

従来のランキングとは違う、独断と偏見によるNO1だけを列記させて頂きました。

今後の参考になれば幸いです。


特集